(2/2) ノーザンホースパークマラソン2014

ノーザンホースパークマラソン2014(1/2)のつづきです。


厩舎の見学へ行ってみる。
競走馬の厩舎を覗くのは初めて。

馬の親子

ほぇ~
生後1ヶ月弱の子馬がいた。

子馬

子馬は人間に興味しんしんで
自分から近づいてきて鼻を突き出す。

お母さん馬はそんな子馬を暖かく見守っている。

茶色の馬

黒っぽい馬が座り込んでいた。

旦那が「ウニみたいだ」と一言。
私も同じことを思っていた。
(黒い物体が横たわっているとすべてウニに見えてしまう夫婦)

ウニは今頃どうしているかな?

今日もウニの介護は長男に託してきたが
ちゃんとやってくれてるだろうか?

ノーザンホースパークは撮影ポイントが沢山あるから
今度は長男とカメラ持参で一緒に来よう

それにしても競走馬って美しい

どの馬も体に無駄な脂肪が一つもなくて
引き締まった筋肉と細く長い足

うーん。
うらやましい(笑)


ヘモグロビン検査
ヘモグロビン検査

こんなブースがあり、せっかくだから調べてもらった。

鉄分
鉄分のサプリをもらった

女性は12g/dl以上が目安だとか。
私は13.2g/dlだった

よかった、貧血ではないね

それじゃ時々クラクラするのは
やっぱり更年期のせいか(笑)


ハーフスタート
ハーフマラソン スタート前

スタート地点には長蛇の列。
おお、いよいよハーフがスタートだ。

元競争馬の「デルタブルース」が先導する中
午前11時、ハーフがスタート。

ハーフ猫さん

先頭集団にはタレント猫ひろしさんの姿も

あ、谷川真理さんも見つけた!

「谷川真理さん、がんばって~」と声をかけて手を振ったら
手を振りかえしてくれた

旦那が「知り合いなのか?」だって(驚)
私以上に「マラソン」を知らない人だから笑える。

ツリーハウス
キッズパーク

ツリーハウス前のキッズパークでは「綱引き」が始まった。
たくさんのチビッコ達が参加してる。

ノーザンホースパークは遊具はあるし
走り回れる広い芝生だらけだし
ポニーや競走馬が見られるし
小さい子供を連れてくるのに丁度いい場所だね


さて小腹が空いたのでまた「食べ放題」コーナーへ。
ハーフの人達がいなくなった会場は空いてて動きやすい。


お腹も満足したので今度は温泉へ。

12時発の温泉行きのバスを
今朝ここに着いてすぐに予約しておいた。

鶴の湯
安平町 鶴の湯温泉

北海道で2番目に古い温泉らしい。

女風呂の脱衣所は同じバスで来た女性アスリートだらけ。
アスリートはみんな行動が早い!

さっさと脱いでさっさと風呂へ。
みんな手馴れてるな~。

腰も足も痛くてCW-Xを脱ぐのに苦戦してるオバサンは
脱衣所に取り残された(笑)

やっと湯船につかる。

今日は走ってないし気温は12度で
風があるから全身冷え切っている。

やっと体を暖められた

ふ~極楽だ

これがレースに出た後だったら
もっと気持ち良かったんだろうな~と思う。

いつもは長風呂の旦那も戻りのバスの時間を考慮し
すぐ上がってきた。

バスでノーザンホースパークへ戻り
また食べ放題を楽しむ。

私はボローニャソーセージとジュースをおかわりする。
旦那はまたトレイを持ってきて牛ヒレ肉網焼きを食べている。
これで何皿目だ?

旦那のトレイからエクレアをゲット

あ~よく食べた


トークショー

ステージではハーフを走り終えた
このお二人のトークショーが始まった。

へ~。
猫ひろしさんはハーフで4位だったのか~。

ハーフ途中の給食でトウキビを食べたらしい。
それで4位はさすがだ。

にぎわい

ハーフを走り終えたランナーが続々と帰ってきて
食事を楽しんでいる。

みんなすがすがしい表情だ
やっとお日様も出てきて今日一番のにぎわい

ハーフ優勝ビジョガー
表彰式

ステージでは7キロトレイルやハーフの表彰が始まった。
優勝者は競走馬にまたがって登場
いいな~

ハーフの女子優勝者は美ジョガーだった


マラソン大会は満喫したので
我が家はこのへんで帰ることに。

ミニチュアポニー
犬じゃないです

ミニチュアポニーがお見送り。
体重は45キロとか。

へ~。
ウニの倍以上の体重だ。
(その体重の黒ラブ、町内にいるぞ)


こうして私の今シーズン2回目の大会は終わった。

自分がエントリーしてるマラソン大会に
行ったけれど走らなかったのはもちろん初めての経験。

おいしい食べ物を沢山食べたし
馬にもポニーにも会えたし
温泉にも入ったし・・・

楽しかったけど・・・

達成感は無かった
そりゃそうだ


最初は「次男と親子マラソンに出たい」と始めたランニングだけど
いつの間にか達成感を得るためにやっていたのかも

練習は寒かったり暑かったり
息が辛くて足も重くて大変だけど
終わった時の「ああ、今日も自分はがんばった」という満足感がある。

この年齢になってから、満足感や達成感を得られるものは少ない。
だから私は走りたいのかも。

そんなことに気づかされる大会だった。


グリちゃん
ちゃんと足が治ってから走ろうね

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ウニママ

Author:ウニママ
ようこそ
黒ラブ『ウニ』1997年4月6日~2014年8月27日(享年17歳4ヶ月)の最後の半年間を綴りました。
その後はミックス犬(トイプードル&マルチーズ)『ホタテ』(2014年10月2日生)と暮らしています。
ランニングを始めて苦節4年目、やっとフルマラソンを走れるようになった札幌在住アラフィフ主婦の日常です。

最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR