第4回奥尻ムーンライトマラソン・パート3

6月17日 土曜日

つづき


ハーフの距離まできたのは
スタートして2時間18分たった頃。

もう夕方5時を過ぎた。

奥尻ムーンライトマラソン3
行きに声援を送ってくれた島民の方々が
沿道にまだ出て応援を続けてくれてる。

ベビーカーでグッスリ寝てる赤ちゃんがいたり
ネコを肩に乗せて応援してる女性がいたり
ワンコを抱っこしてる人がいたり

旦那と沿道の方々に手を振りながら
「ホタテみたいなワンコがいる♪」と
話ながら進む。

旦那と私が二人揃って家を数日留守にするのは
ホタテにとって初めてのことだから
きっと寂しがってるだろうな…

夜は誰と一緒に寝たんだろ?と
ホタテのことを二人で思い出していた。

奥尻ムーンライトマラソン3
「Fight」と書かれた横断幕をかかげる人も。

民家の前で椅子にうずくまりながら
「がんばれよ~」と声をかけてくれる
ご老人の多いこと!

長袖一枚で走ってる私には
夕方の気温(たぶん15℃前後)がちょうど良いけれど
外でじっとしてる方々には寒いと思う。

長時間ずっと外にいて
お年寄りが体調崩さないだろうか…なんて
正直心配になったりもしながら
「ありがとう~」
「がんばりま~す」と手を振りながら通過する。

奥尻ムーンライトマラソン3
24㎞走った辺りでスタート地点の
第4エイドに戻ってきた。

係の人に「トイレはどこですか?」と聞くと
「中を使ってください」とのことで
本部の海洋研修センターのトイレに飛び込んだ。

ここのトイレは洋式だから
ラクチンで良かった
和式だと一度しゃがんだら立てなくなりそう

左太ももの付け根のゴムバンドをきつく巻きなおし
ザバスピットインのゼリーバー(100kcal)を食べ
外に出て旦那と合流し…

奥尻ムーンライトマラソン3
さらに黒糖を口に放り込み
スポドリと水をもらう。

この間のタイムロスは2分ほどあったので
21㎞~25㎞のラップはキロ6分48秒。

奥尻ムーンライトマラソン3
トイレ休憩で下半身が少しリフレッシュできたのか…
それとも感覚がマヒしてきたのか?

最初の頃に感じてた股関節の違和感や
ヒザの痛みが無くなってきた。

奥尻ムーンライトマラソン3
この先、お店が立ち並ぶ
たぶん島で一番賑やかな場所に入ると
沢山の人たちが両サイドから盛大に応援してくれて
その迫力に負け
写真を撮る余裕がなかった(笑)

まるで自分がスター選手になった気分

箱根駅伝の選手とか
きっとこんな光景の中をずっと走っているんだろな~
なんて考えながら走っていたら
旦那が「母さんスピード上がってるぞ」と

奥尻ムーンライトマラソン3
商店街を抜けると左手に島のシンボル
「なべつる岩」が見えてきた

昨日、バスでここを通った時は
ちゃんと走れるか不安だらけだったけど
今、こうして快走できてることがとても嬉しい

奥尻ムーンライトマラソン3
その後もお店や民家が続き…

奥尻ムーンライトマラソン3
島民の方から「来てくれてありがとね~」
「また来年も来てね~」と声をかけられたり…

奥尻ムーンライトマラソン3
かわいい女の子が数人並んでて
ハイタッチして通過したり♪

島全体、子供からお年寄りまでみんなで
この大会を盛り上げようとしてくれてるのが
肌で感じられた

奥尻ムーンライトマラソン3
28㎞すぎた辺りから
旦那の元気が無くなってきた。

「足が痛い」とつぶやくので
「足のどのへんが痛いの?」と聞くと
「足、全部が痛い」と辛そう

旦那は練習でも最長距離25㎞しか走ってないから
仕方ないと思う。

「だから一度は30㎞走か
3時間走をした方がいいよと言ったのに」と
心の中でつぶやく。
口に出すのは我慢した

旦那が辛そうなので少しペースを落とす。

「あと13㎞」と民家の前に手書きで書いてあり
私は「あと13㎞なら走れる!」と確信したけど
旦那は「まだそんなにあるのか…」と
ショックを受けてる。

奥尻ムーンライトマラソン3
遠くにわずかに見えていた
この大会の名物、イカ釣り漁船の漁火が
だんだんハッキリ見えるようになってきた

あの光の先にゴールがある!と思うと嬉しくなる。

26㎞~30㎞のラップはキロ6分42秒。


奥尻ムーンライトマラソン3
いよいよ30㎞になるので
カフェイン入りマグオンの
エナジージェル(120kcal)を飲む。

奥尻ムーンライトマラソン3
第6エイドでは
旦那がエアサロンパスミニを使ったり
ヒザを伸ばしたりしてる間に
黒糖や水やスポドリを
何度ももらってタイムロスは2分ほど。

これからの距離は練習でも走ったことがない
未知の世界。

私は休んだ分だけ元気になり
よし、がんばろう!と気合が入る


奥尻ムーンライトマラソン3
辛そうにうつむきながら走る旦那に
「ほら、漁火がよく見えるようになってきたよ」と
明るく話しかけたら…返事がない。

「ほら、あっち…」と言ったら…

「足が痛いんだ。話しかけないでくれ」と。

普段ならカチンときて喧嘩になるパターンなんだけど
たぶん私はこの時
ランナーズハイの一歩手前だったのだろう(笑)

不思議と腹が立たず
「それじゃ、どうしたらいい?
話しかけない方がいい?
なら先に行った方がいいかな?」と聞くと

「いい、先に行ってくれ」と言うので
走りながら自撮りで
最後の夫婦ツーショットを撮影し
その後は遠慮なく旦那を置いてスピードアップ


それからは…

たぶん見事にランナーズハイ?

前半あんなに重かった下半身が軽くなってきて
痛みは全く感じない。

奥尻島の景色も空気も風も
すべてが心地よく感じられる


2時間後にスタートしたハーフの
ゆっくりペースのランナー達が
まわりに増えてきてたので
ジリジリと抜きながら進む。


奥尻ムーンライトマラソン3
残念ならが曇り空で
「ムーンライト」は見えないけれど
そのかわり漁火がいくつも灯されてて
その強い光に元気をもらいながらどんどん進む。


股関節を傷めて走れないかもと落ち込んでたけど
なぜかこうして30㎞以降も元気に走れてる。

フルマラソンに向けて自分がやってきた練習は
無駄では無かったし、間違ってなかったのかも。

ラン教室の先輩方がよく言ってる
「練習は裏切らない」という言葉を思い出し
こうして走れてることが嬉しくて
泣きそうになりながら進んでいた。


奥尻ムーンライトマラソン3
眩しい光を放つイカ釣り漁船の上から
エンジン音に負けないくらいの声援と
旗をふる人影が見える

前後にランナーがいるから
私にむけての応援か定かではないけれど
こちらも大きく手を振って応える。

人生で一度しかない初めてのフルマラソンを
この大会にして良かった…と
感激しながら走っていた

この辺りのラップはキロ6分くらいで
一番ペースがあがっていた。


奥尻ムーンライトマラソン3
後半のエイドでは係の人が大きく手をふって
ランナーを迎えてくれる。

30㎞を過ぎてからはほぼ3㎞ごとにエイドがあるので
ここが何番目のエイドだかわからなくなってきた。

係の人に聞いたら
「ここが7番目だから
この先にあと一つありますよ」と。

そうか、もう7番目まできたんだ

奥尻ムーンライトマラソン3
そして35㎞地点を通過。

まわりにゆっくりのランナーが増えてきて
スピードをキロ6分にあげてる私は
次々と前の人を抜いて…超気持ちいい(笑)

奥尻島の美しい海と山の間の一本道を
フワフワした幸せな気持ちで
どんどん走る


奥尻ムーンライトマラソン3
この辺りは民家がないから
沿道の応援は全くないけれど
そのかわりに美しい漁火がまだまだ続く

一体何隻のイカ釣り漁船が出てくれてたんだろ?


奥尻ムーンライトマラソン3
距離表示の看板が
「ゴールまであと6㎞」にかわった!

奥尻ムーンライトマラソン3
昨日バスで通った時に
「きっとここまで走れてれば
完走できるだろう」と思ってた
松江地区に入った。

奥尻ムーンライトマラソン3
よし、ゴールまであと5㎞!

いつも走ってる白石CRの大谷地までの距離だから
この先どんなに足が痛くなっても完走できる!

奥尻ムーンライトマラソン3
気持ちは前向きだけど
体はさすがに疲れてきたようで
この辺りのラップはキロ6分20秒前後と落ちてきて
息もハーハーうるさくなってきた。

前の人にジリジリ近づくと
荒い息の音で気付かれるのか
抜く時にチラ見される(笑)

奥尻ムーンライトマラソン3
最後の第8エイドの手前で
高級天然アミノサプリの小さなパックを一飲みして
エイドで水とスポドリをもらった。

奥尻ムーンライトマラソン3
ついにゴールのある青苗地区に突入!

奥尻ムーンライトマラソン3
疲れ切ったランナーは沿道に人がいない場所では
歩いてる人が増えた。

でも応援の人が出てる場所は
みんな走らざるを得ない(笑)

私は足を止めることなく
何人も抜きながらどんどん進む。


ところが

最後に飲んだ高級アミノサプリが悪かったのか…
それともいろんなゼリーを飲み過ぎたのか?

もしくは初めての長い距離に
胃腸がビックリしてるのか?

だんだん吐き気がしてきた

「吐きながら走った」という話は
ランクラブの女性メンバーからよく聞いていたので
「あぁ…これがそれか…」と思う。

「吐き気は気のせいだ」と自分に言い聞かせ
あとちょっとだから、きっと吐かずにいけるはずと
そのまま走り続ける。

奥尻ムーンライトマラソン3
やっとゴールへの曲がり角が見えてきたけど
コースはまだ海沿いの道を進み
この先を折り返して戻ってからがゴールらしい

ゴールに向かう人たちを右手に見ながら
だいぶ薄暗くなってきた道を進む。

奥尻ムーンライトマラソン3
一度ゴール地点の近くにきたのに
まだ先へ走るのは精神的にはツライ(笑)

このたった残り1㎞がかなり遠く感じられる

それでも沿道には応援の人が出てくれてて
「あとちょっとでゴールだよ~」と声援を受けるので
吐き気を抑えながら走り続ける。

奥尻ムーンライトマラソン3
やっと折り返してゴールに向かう途中
沿道から「前の4人抜かしてごらん!」と
オジサンから声がかかり…

私はまだ足に余力があったので
言われた通りジリジリと人を抜いて走っていったら
オジサン達「ホントに抜いてるよ~」と笑い声

そしてゴールの曲がり角を左に入り
激坂を数メートル登って…

目の前にゴールテープが見えて…

そのテープを学生さんが持ち上げた下をくぐり
ついに初フルマラソンのゴール

奥尻ムーンライトマラソン3

タイムは4時間37分07秒と
自分でもビックリするような記録だった。


まだまだつづく。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ウニママ

Author:ウニママ
ようこそ
黒ラブ『ウニ』1997年4月6日~2014年8月27日(享年17歳4ヶ月)の最後の半年間を綴りました。
その後はミックス犬(トイプードル&マルチーズ)『ホタテ』(2014年10月2日生)と暮らしています。
ランニングを始めて苦節4年目、やっとフルマラソンを走れるようになった札幌在住アラフィフ主婦の日常です。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR