両親と過ごした数日間

10月7日 金曜日

「札幌マラソン」が終わり
燃え尽き症候群に陥っているところに
東京の両親がやってきた(笑)

今回のメインイベントは
父の姉である円山のおばちゃんの退院祝い

両親は我が家には泊まらず
いつもの様に新札幌のホテルに
4泊5日滞在した。

両親と過ごした
この数日間を振り返る。


初日はまず
ホタテに会いに来てもらう。
ビール
父は早速
こちらでしか飲めないという
「サッポロクラシック」で乾杯。

父母
その後はホタテを連れて
いつもの公園へ。


クリ
風が強い日だったから
クリの実が沢山落ちてたけど
半分以上は虫食いだった

クリ
アタシも食べてみたい
味は…うーん、甘さが足りない。
強風で落ちたクリはまだ熟してないのか?


二日目は地下鉄で円山へ。
神宮
北海道神宮でお参りした後は…

神宮
神宮内の六花亭で「判官さま」を頂く。


それからタクシーで「大倉山ジャンプ競技場」へ。

樺太で育ち、終戦で弘前に引き上げてきた父は
若い頃はウィンタースポーツをやっていたので
テレビでジャンプ大会をやってると
今でも必ず見てるそう。
ジャンプ台
リフトで標高307mの山の上へ…

板を履いてない状態でリフトに乗るのは難しいけど
係の人が3人も立ってフォローしてくれるから
昭和ヒトケタ生まれの父でも大丈夫。

ジャンプ台
山頂につくと
札幌の街並みを一望できる展望台がある♪

大通り公園の緑や北大の緑
札幌ドームやJRタワーなど
近くなら両親の視力でも見えるけど
遠くは霞んで見えないそう。
私は両目1.2あるから
厚別区、江別方面も見える


せっかくだから…
設置されてる双眼鏡にお金を入れて
今二人が泊まってる
新札幌のホテル(31階建て)を見たり
その奥の百年記念塔を眺めたりしてもらう。

私は…遠くを眺めるのは大好きだけど
高所恐怖症気味
ジャンプ台
あまり見たくは無かったけれど…
ついつい真下を覗き込んでしまう

ひ~

テレビで見るよりずっと急斜面。

よくこんな恐ろしい所を
あんな可愛らしいサラちゃんが飛ぶものだなぁ…。

息子が「ジャンプやりたい」とか
言わなくて良かったと思ってしまった

でも…
一番怖かったのはこの後
リフトで下に降りて駐車場へ向かうために…
ジャンプ台
行きは通らなかったエスカレーターを下る時

急斜面に作られた
やたらと長いエスカレーターで
フラッとなったら
そのまま下まで転げ落ちそうな感じ
下を見ちゃいけない


その後はタクシーで円山おばちゃんのマンションへ。

入院していた長女円山おばちゃん(92歳)は
見違えるほど元気になられててホッとした

青森市、弘前市、帯広市から集まった
父の兄弟姉妹や従姉のK姉さんとも久しぶりの再会

父の7人兄弟姉妹は
今は5人に減ってしまったけれど
皆さんそれぞれにお元気そう


一番若い青森おばちゃんもついに後期高齢者で
従姉のK姉さん情報によると
集まった5人の兄弟姉妹の平均年齢は81歳

セピア色の写真には若かりし頃の円山おばちゃんと
俳優さんみたいな円山おじちゃんの姿が。
おじちゃん、こんなにイケメンだったの~

3年前に亡くなられた円山おじちゃんの
お仏壇に手を合わせる


その後は円山おばちゃんの退院を祝して
総勢11名でお食事会
(なぜか主役が全員分を
ご馳走して下さるありがたい会
夜ご飯
次から次へと運ばれてくるおいしい料理

食べるのに忙しくて
全部の写真は撮り切れない

夜ご飯
最近はいくら食べても体重が増えないから
ここぞとばかり食べさせて頂く

あ~炭水化物とか気にせず
(しかもお値段も気にせずに)
好きなものを好きなだけ食べられるのって
シアワセ

夜ご飯
最後にデザートもしっかりと

お腹パンパン
ご馳走さまでした

親戚一同で記念写真を撮るのも大人数だし
男性陣は酔っ払いだらけだから大騒ぎ(笑)
親戚一同
何かあるとこうして集まる
仲良しの兄弟姉妹がいるのっていいな~
と、父達を見てるといつも思う。


さて…
民族大移動に活躍するのが
いつもK姉さんの5人家族。
(今回配車3台)

そのままみんなで夜の旭山記念公園に
連れてきてもらったけど…

K姉さんの長男君が最強雨男らしく(笑)
びっくりするくらいのタイミングで小雨が降ってきて
遠くはぼんやりとしか見えない。
旭山記念公園
でも…
酔っぱらってすっかりご機嫌な父をはじめ
仲良し兄弟姉妹には
雨だろうと雪だろうと関係なかったよう(笑)

みんなでワイワイガヤガヤ
楽しい札幌夜景観賞


「今度みんなで会うときはいつだろうね」
というおばちゃん達の言葉に
ちょっと寂しさを感じてしまった。

遠くに住む親戚が集まる機会は…
大抵はお葬式

誰かの不幸ではなく
今回みたいに嬉しい会でまた会えたらいいな。


すべてを取り仕切っていた従姉のK姉さんは
さぞかし大変だったと思いますが…
両親共々お世話になり
ありがとうございました



お土産
親戚御一行様から頂いた各地のお土産を
両親のホテルで広げて山分け





3日目
この日の予定だけは両親を優先せずに
私は札幌中心部へ。

小鳥の広場
いつもの様に「小鳥の広場」で
セキセイインコの愛らしい姿に癒されてから
予約していたスポーツマッサージを受けに行った。

「札幌マラソン」でヘロヘロになった翌日は
下半身全体が痛すぎて
足を傷めたのか、それとも筋肉痛なのか
自分では判断がつかないほどだった

火曜日にはチャリには乗れたけど
両太ももの筋肉痛でロボット歩き状態。

回復ランに出るつもりだったけど
時間も気力もなくなり走らなかった

水曜日には左股関節と右ふくらはぎに
痛みが残ってしまった
もしかして傷めた?と不安になる

そして木曜日
スポーツマッサージで
担当の女性Nさんに「札幌マラソン」の結果報告し
痛みの箇所を伝えて、全身をほぐしてもらう。

押してもらうと左足よりも右足の方が
ずっと痛みや張りが強いと判明。

「左股関節臼蓋形成不全」のせいで
不安定な左足をかばい
右足が無理してしまったよう。

私の右足、かなり大変だったんだね…

そして…
Nさんの魔法の施術により
押されたらビクンとなるほど痛かった
右ふくらはぎのコリが取れたし
丹念に全身やって頂いたおかげで
90分終わった時には体が軽くなり
下半身の可動域が広がった

いや~ありがたい


街
その後は買い物を少しして…
ロッテリア
遅い昼ご飯。

夜は受験生二人も連れて両親と
合計6人で一皿100円じゃない回転寿司へ♪
回転寿司
今が旬のイクラが
とても美味しかった

御年84歳の父は
ここでも生ビールを何杯も飲んでいた。

父母
さらにその後は家で
旦那の一押しワインを1本空ける。

その年で…よく飲むなぁ…。


4日目は朝から私だけ両親の泊まるホテルへ向かい
恒例のホテル朝食バイキング
朝ご飯
「道外」のお客さん向けのメニューが多く
ジャガイモ「インカのめざめ」に塩辛とバターを乗せたり
イカそうめんやラーメンサラダ
ソフトカツゲンもあった。

朝ご飯
三升漬やシラスやタラコをお粥にトッピング。

最近毎日忙しかったから
こうしてゆっくり朝ご飯を頂くのは久しぶりで
貴重な時間だった。

景色
その後は両親の泊まってる
27階の部屋からの眺めを楽しむ。

左手には藻岩山、手稲山
正面には先月リレーマラソンで走った
モエレ沼公園の小さなモエレ山も見えた


それから一人で三井アウトレットへ。
アウトレット
姉に頼まれてたお土産を買いに行ったけど
ちょうど秋のセール中だったので
ついついいろんなお店を見てしまい…
気付けば何時間もアウトレットにいた

こんなことしてるから
時間が無くなるんだよなぁ

姉から頼まれていたのはこのダシ。
ダシ
我が家で重宝してる液体のダシで
卵焼きや野菜炒めなど
少量入れるだけで料理の味がかなり違う


夜は私だけ新札幌に出て…
夜ご飯
両親と居酒屋さんで最後の晩餐。

夜ご飯
なんだかんだと(ほとんど支払いをせずに)
食べ続けたこの数日間。
ご馳走さまでした。

二人揃ってこうして元気でいてくれるのは
本当にありがたい

でも…
今回ちょっと気になったのは父のこと。

アルコールが入ると記憶が飛ぶのは
ずっと前からのことだけど
今回、父は飲んでない時間帯のことも
ポッカリ忘れてしまってた

もしかしてこれが認知症の始まり?

うーん…
心配だぁ


後日、「父がボケたかも」と
旦那や長男に言ったら…

「母さん、その話、昨日の夜もしてたよ。
ダイジョブかい?
母さんの方が頭ヤバイんじゃない?」と

ガーン
そうだっけ? この話したっけ?

まず私が認知症の検査に行くべきか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ウニママ

Author:ウニママ
ようこそ
黒ラブ『ウニ』1997年4月6日~2014年8月27日(享年17歳4ヶ月)の最後の半年間を綴りました。
その後はミックス犬(トイプードル&マルチーズ)『ホタテ』(2014年10月2日生)と暮らしています。
ランニングを始めて苦節4年目、やっとフルマラソンを走れるようになった札幌在住アラフィフ主婦の日常です。

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR