誤報

8月1日 祝日

もう8月。

7月の月間走行距離は125キロ

春先に右ヒザ、右大腿四頭筋を傷めて
走る距離を抑えていたけど
最近は痛みなく走れていたので
4か月ぶりに走行距離が3桁いった

走った後のストレッチを丁寧にやり
ちょっとでも違和感がある時はアイシング。

その後は「AT-mini」を装着し
ファイテンのパワーテープは
太ももや足の付け根に貼りっぱなし。

筋肉が硬くならないよう時々自分でマッサージして
家事をしながら股関節周りの筋肉を鍛える筋トレ。

こんな風に毎日下半身のケアを続けていたら
やっと痛みなく走れるようになってきた

今こうして元気に走れてることが
何より嬉しい


さて昨日は朝から柴犬R君のお宅へ。
R君
お客さんが大好だというR君。
お気に入りのオモチャを嬉しそうに
ブンブン振り回しながら持ってきてくれた

ラズベリー
まだラズベリーの収穫ができるとのことで
また摘ませて頂く。

ラズベリー
今回が一番多くて400g以上も
お持ち帰りさせてもらった

沢山あるので半分はジャムにしてみることに。

さあ、人生初のジャム作りのはじまり~♪
ジャム
ラズベリー200gに砂糖100gを準備。

ラズベリージャム
洗ったラズベリーの上に砂糖をかけてしばらく置く。

ラズベリージャム
砂糖が溶けてきたら火にかけて
アクを取りながら中火でコトコト。
時々かき回して硬さの確認。

ラズベリージャム
ほどよい弾力になったら
熱湯消毒した瓶に移して
瓶の蓋が下になるよう置いて冷ましておく。
ネットで検索したやり方だけど…
なんでこんなコトするんだろ?


ラズベリージャム
冷ますのにだいぶ時間はかかったけど
簡単にラズベリージャムができた

味見してみたら
我ながら上手にできて結構おいしい

自分でジャムを作っちゃうなんて
私って立派な主婦みたい
実は料理がニガテな主婦だけど

種をこしたら舌触りが滑らかでいいらしいけど
私はそんな面倒なことはできないので
ツブツブの種が入ったままのジャムになった。

ラズベリー酒
もう半分の摘みたてラズベリーは
前回の「ラズベリー酒」の瓶に追加で入れて
氷砂糖も足してまた床下収納へ。

あとは飲むだけだ♪


R君ママの梅酒
夜には今朝頂いてきたR君宅の梅酒を
最初はストレートで
後から氷を入れてロックで味わう。

私好みの甘さとまろやかさで
おいしい梅酒だった
R君ママ、ご馳走さまでした


さて今朝は…
朝ご飯
ラズベリージャムをパンに塗ったり
ヨーグルトに入れたりして食べる。

ジャムは息子達にも好評だけど
彼らは種のツブツブが気になるようで
「これが無かったら最高においしい」って。
それじゃ誰かこすのを手伝ってくれ


公園
その後はママ友の車で家から遠い公園へ
次男の部活「札幌市民大会」のつづきの観戦に来た。

金曜日の雨で順延になった試合で
続きはいつもの円山ではなく
プールで有名な公園になった。

最高気温は30℃の予報が出てる札幌
朝からムシムシしてて、とにかく暑い。

プール
あぁ…プール入りたい

なにしろユルイ部活だから
今日来てるのは勝ち残った5ペアと親が4人だけ。

顧問の先生も他の学校行事のために不参加で
いつも以上にユルユルな生徒達は
「あ~水着持ってくればよかったのに…」と(笑)


さて我が子の試合のほうは…

次男は日によって調子の良し悪しが全くちがい
今日は「良い日」か「悪い日」かドキドキしながら見守る私。

最初の何本かのストロークで
「あ、こりゃダメだ」と母も本人も思った。

ペアの2年生には大変申し訳ないが
超ヘタクソな次男のせいであっという間に試合終了
これにて彼の中学ソフトテニス部の活動は幕を閉じた。

は~…
最後の試合がコレかぁ


テニスコート
息子の試合は終わってしまったけど
まだ勝ち残ってる同級生がいるので
母は彼らの応援に徹する。

とにかく暑い

時々水分補給しながら
待機のコールに耳を傾け
あっちのコート、こっちのコートとみんなで応援して回る。

今日は全部で10面使用してるけど
一部のコートが離れてるので
かなりの距離を歩くことに
ランで足腰鍛えておいて良かった


この大会には564ペアも出場してるけど
全道大会へ出場する4ペアは来てないので
我が校の2ペアが次々と勝ち進み
うちの二番手ペアがベスト16入りを果たした

そしてなんと、うちの一番手ペアは
決勝まで残った

とんでもない快挙に4人の母は大興奮で
不在の顧問の先生になんとか知らせたいと思ったけれど
…なにしろ活発に活動してこなかったから
誰も顧問の電話番号を知らなかったので連絡とれず


さて、決勝戦は途中で雨にあい
試合はサスペンド。
つづきはまたのお楽しみとなった。

あんなにユルイ練習しかしてない
我が校が、まさかここまで残るとは

しかも今日は顧問無しの「野放し状態」で
全試合に臨んだ彼ら。

母親同士「もしかして、そのユルさ、野放しが良かったのか?」
なんて話にもなった(笑)



さて…
時間をさかのぼること夕方5時すぎ。

ちょうど一番手が準決勝の試合に入るために
みんなで集合して待機してた時のこと。

私のスマホアプリ「ゆれくる」が突然鳴りだした

画面には「東京湾・震度7」の文字
「札幌震度3」と出て
そこから100秒以上のカウントダウンが始まった

あぁ…ついに恐れていた
関東直下の大地震が発生したんだ

「どうしよう、どうしよう…」とつぶやきながら
周りのお母さん達に画面を見せて
「東京で大地震みたい、どうしよう」と。

同じく実家が東京のママや
お兄ちゃんが今東京に行ってる生徒もいて
あたりに動揺が広がる。

そうだ!
今日は旦那が東京出張で飛行機に乗ってるはず!

「どうしよう、どうしよう」しか口から出てこない。

次男に画面を見せて「父さん、飛行機、東京行った」
まともにしゃべれてないし

慌てまくる私に次男は「何時の飛行機?」
「あ、さっきこれから乗るってLineきてた!」

Lineを開くがメッセージの横に出る
時間表示が小さすぎて裸眼では読み取れず
さらに焦る母

次男に見てもらうと
「17時1分、まだ飛んでるから大丈夫だよ」と。

そうか、旦那は無事だ。

実家の両親は? 姉は? 叔父叔母は?

泣きそうになりながらスマホを確認すると
まだカウントダウンが続いてる

札幌の揺れはこれから来るのか?

次男が「ババに電話してみれば?」と。

そうだ、繋がらないかもしれないけど電話だ!

電話をかけたら、あっさりと母が出た。

実家でも地震の警報機があるから
それが鳴って玄関のドアは開けたけど
「まだ揺れは来ないわよ」と。

へ?

そうなの?
揺れてないの?

それじゃこのカウントダウンはなに?

念のため姉に「大丈夫?地震」とLineすると
「今、千葉。地震あったの?」と返事が来た。

どうやら誤報だった?とわかった時には
体中の力が抜けて椅子に座り込む私

ずっとそばにいたお母さん達が
「誤報で良かったね、心配だよね」と声をかけてくれ
ホッとしたら涙が出てきた。

あ~怖かった

小さい頃から「東京にはいつか必ず大地震が来る」と
言われて育ってるし
祖父に関東大震災の話を何度も聞いてたし
とにかく私は昔から地震に過敏

今回は千葉上空の雷のノイズに
反応して出た誤報だったらしいけど
いつか本当に東京に大地震が来た時に
私はまたこんなパニックになるんだろうか…
うーん、やっぱ…なるだろうな…

よりによって人が沢山いる中で大騒ぎしちゃったし…

あーハズカシイ
顧問の先生いなくてよかった
大事な試合中じゃなくてよかった


夜8時すぎにやっと帰宅。
ペットボトル
これだけ一人で飲んだ。

猛暑の中、一日中外で試合観戦してクタクタだったうえに
こんなこともあり
ランもテニスも車の運転もしてないくせに
私はへろへろ

ちなみにガーミンをつけていたので…
一日の歩数は1万5千歩
よく歩いた

でも地震騒ぎの時の心拍は
たいして上がらず90ほどだった。
体感的には180だったけど


ホタテ
とりあえず誤報で良かったね
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ウニママ

Author:ウニママ
ようこそ
黒ラブ『ウニ』1997年4月6日~2014年8月27日(享年17歳4ヶ月)の最後の半年間を綴りました。
その後はミックス犬(トイプードル&マルチーズ)『ホタテ』(2014年10月2日生)と暮らしています。
ランニングを始めて苦節4年目、やっとフルマラソンを走れるようになった札幌在住アラフィフ主婦の日常です。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR