第2回えべおつ丘陵地マラニック

5月15日 日曜日

「第2回えべおつ丘陵地マラニック」
楽しかった~

後半足が痛くて辛かったけど
なんとか完走できました

長くなりそうですが…
一日を振り返ります。



今シーズン最初の大会だからか?
いや、いつものことだけど
夜中2時半に目が覚めて
次は4時…

全く…私はどんだけ気合入ってるんだ(笑)

もう少し寝ようとがんばってみたけど
外は明るくなってきたので4時に起きることに。

足に痛みはないけれど
10キロ以上走るのは久しぶりなので
念のため両ヒザと右太モモ前後ろに
ばっちりテーピング


午前7時に家を出て旦那の運転で高速を使ったら
8時すぎには現地に着いてしまった。

えべおつマラニック
「滝川市江部乙(えべおつ)」は旦那の実家への
行きかえりに通り過ぎるけど
立ち寄ったのは初めて。

作付日本一の菜の花畑が有名らしい。

えべおつマラニック
会場は広々とした丘に建つ「丸加高原伝習館」で
参加人数は500名ほど。

えべおつマラニック
コースは5.5キロ、9キロ、16キロとあり
ガイド付きのグループなどもあったけど
私達は自由に走る「ファミリー&サークル」で
16キロ「がっつり丘陵コース」に参加。

旦那は「記録を狙うんだ」とか言ってるけど
この大会は計測も順位もありませんよ(笑)

えべおつマラニック
「マラニック」(マラソン&ピクニック)だから
明らかに普通のマラソン大会とは違い
参加者の装いはさまざま。

マラソンでもピクニックでも
「リュック着用」と「携帯持参」がルール。


午前10時にスタート!

最初に「アスリート」参加の方々が走り出し
次の「ファミリー&サークル」の番になったけど…

あら? 
みんな普通に歩き出した!

どうやらランが目的で参加した人は少なくて
圧倒的に「ピクニック」の人が多かったよう。

えべおつマラニック
歩いてる人を抜き去って
旦那と並んで走っていくと
前を行く「アスリート」の集団に近づいた。

えべおつマラニック
長い下りの砂利道は、右足が心配なので
左足を軸に慎重に進む。

えべおつマラニック
あっという間に最初の休憩ブースに到着。

えべおつマラニック
6か所全部の休憩ブースに
「水・スポーツドリンク・チョコやアメ」があった。

そして最初は江部乙育ちの「りんごジュース」を頂く。

ふ~おいし~

えべおつマラニック
薄い雲がかかり風はとても強いけど
暑すぎず寒すぎず
走りやすい陽気で気持ちいい。

丘陵地のアップダウンはさほどきつく感じないし
なにより見渡す景色が美しい

えべおつマラニック
遠くにまだ真っ白な雪の残る山がずっと見えてる

気になって「ガイト」と書かれたゼッケンをつけた男性に聞いたら
「僕、札幌から来てるんで…」と。

地元の人なら分かるかと思い
交差点に立つ警備のおじさんに聞いても
「うーん、なんだろね~」と(笑)

見かねて後ろを走る男性ランナーが
「あれは暑寒別岳(しょかんべつだけ)だよ」と。

へ~増毛の方の山がこんなにクッキリ見えるんだ!
それじゃあの山の向こうはすぐ日本海だ。

ちなみに標高は1492m。
高いからこの時期でもまだ真っ白なのか~。

男性はついでに「あっちの山はピンネシリだよ」と教えてくれた♪
標高1100mのピンネシリの雪はまばら。

えべおつマラニック
滝川名物の菜の花が咲き始めてる

走っていると遠くにも黄色い土地があちこちに見えて
なかなか美しい風景。

「丘のまち美瑛」みたいにもっと宣伝したら
全国から人が集まるだろうにな~と思う。

えべおつマラニック
次の休憩ブースでは「菜の花キャンドル」をもらった♪

これ、プリンとかカップケーキに見えるから
もらってすぐに食べようとして
「あけちゃったよ」と言ってる人が(笑)

えべおつマラニック
ここではエナジードリンク?を注入。

えべおつマラニック
田んぼに水がはられてたけど
稲の苗はまだ植わさってなかった。

えべおつマラニック
キロ6分半前後のスピードで
順調に進む。

えべおつマラニック
アスファルトの道から今度は林に入る。

えべおつマラニック
ウッドチップ?の遊歩道はクッションがあって走りやすい♪

野鳥の声を聴きながら進むと…
えべおつマラニック
3か所目の休憩ブースでは
おいしそうなスコーンをもらった
(江部乙駅前の渋谷商店で販売してるそう)

すぐに食べてる人もいるけど
私達はリュックにつめて
暑くなったのでウィンブレを脱いで
一緒にリュックの中へ。

えべおつマラニック
前方を走っていた「アスリート」チームの
遅いグループに追いついてしまった。

しばらく彼らの背中を追ってみたけど
自分のペースで走りたいので追い越して進む。

えべおつマラニック
民家の庭先も春の花で一杯

少しずつ右ヒザ周辺に突っ張る感じが

う~やっぱりきたか…

なるべく気にしないよう意識を足から遠ざけて走る。

えべおつマラニック
4か所目の休憩ブースではマドレーヌ

社会福祉法人滝川ほほえみ会の皆さんが作った
バニラ風味のマドレーヌは
滝川産菜の花ハチミツを使ってるそう。

こちらもリュックにつめてお持ち帰り♪

少しいくと…
あら? もう休憩ブース?

近すぎると思ったら
こちらは私設エイド?
えべおつマラニック
ミニトマトを頂いた

江部乙の皆さんに応援されてる感じが嬉しい

えべおつマラニック
10キロを過ぎたあたりから
右ヒザの違和感がだんだん痛みに変わってきた

徐々にスピードが落ちて無口になる。

「痛い」と言ったら走れなくなる気がして我慢してたら
後ろを走る旦那が「遅すぎて気持ち悪い」と言い出しやがった。

「ヒザが痛いんだよ。先行っていいよ」と逆切れする私(笑)

「あぁ…痛いのか」と後ろをついてくる旦那様。

ここからしばらくは旦那のフォローの言葉に
すべてイライラ反応しちゃう器の小さい自分との闘い

右ヒザはどんどん痛くなる

砂利道の坂を右足をカバーしながら
なんとか下りきった辺りで
なにやらドンチャン音がしてきた。

えべおつマラニック
ベースやドラムをたたく地元のおじさま方の
暖かい応援におもわず笑いが込み上げてきて
夫婦の険悪ムードが改善された。

ありがたい


えべおつマラニック
足の痛みをこらえながら
キロ7分のゆるゆるペースで
やっと5か所目の休憩ブースに到着。

ここでは地元で採れたアスパラを一束もらう。

紙コップの水をヒザにかけてアイシング。

どうせリュックを背負って走るんだから
エアサロンパスミニを持ってくればよかったのに…と後悔。

えべおつマラニック
あと3キロ…
この足で走りきれるだろうか…

不安を抱えながら進んでいたら
短いコースを歩く方々と道が合流し
前後に人が増えた。

ヒザはとても痛いけど
やっぱり私はランナーなのだから
走らなきゃいけない気がして…

前をいくウォーキングの人達を
ゆるゆるペースながらも追い抜いて進む。

えべおつマラニック
最後の休憩ブースでは滝川市にある
「国学院大学北海道短期大学部」の学生さんから
「農家が作った北海道グラノーラ」を受け取る。

ここでも右ヒザに水をかけて冷やす。

えべおつマラニック
ほのぼのとした田園風景の中
ここまでなんとか走ってきたのに
やっぱり右ヒザが痛くてつらくて
ついに歩きだしてしまった。

すると旦那が「あとちょっとだからがんばれば?」と。

めずらしくその言葉を素直に受け止め
数メートル歩いたけれどまた走り出せた。

えべおつマラニック
最後は林の中を抜けて
急な坂をヨタヨタと登り…

えべおつマラニック
ついにゴール

あぁ~右ヒザ痛かった~


16キロを2時間かけて完走。


ゴールしてすぐにテントで「到着手続き」をして
お茶をもらい、ストレッチしてから…
えべおつマラニック
無料の松尾ジンギスカンとコーンスープを受け取る。

ジンギスカンうまぁ~

えべおつマラニック
トン汁定価300円が「わけありトン汁100円」だった。
鍋が焦げちゃったらしく、たしかに焦げた味のトン汁と
おにぎりをペロリとたいらげる。

それぞれの休憩ブースでスポドリやらチョコやらもらっていたし
16キロしか走ってないのにこんなに食べて
旦那は「こりゃ太って帰るな」と。

ひとまずこれで会場を後にした。



滝川の温泉割引券をもらったけれど
混んでいるかもと思い
車を走らせ赤平のエルム高原温泉へ。
えべおつマラニック
綺麗な施設で露天にサウナに泡風呂といろいろあり
私は水風呂で下半身をアイシング。

えべおつマラニック
風呂からあがって右足に「AT-mini」を装着し
休憩所に誰もいないのをいいことに
座布団を並べて横になり爆睡

久しぶりに長い距離を走ったせいか
体がとても疲れてしまった。



えべおつマラニック
これが休憩ブースでもらったお土産
(二人分)

グラノーラもマフィンもマドレーヌも
みんな自然な優しい味でとてもおいしかった


えべおつマラニック
走る前に会場で買ったお菓子もすごくおいしい

えべおつマラニック
アスパラを早速茹でて食べてみたら
甘くてとってもおいし~


「えべおつ丘陵地マラニック」は
エントリー費が2500円と安いのに
お土産一杯でサービス満点

なによりも江部乙の景色が美しく
ボランティアの方々も暖かく
とても楽しい時間を過ごすことができて
大満足の大会だった。

大会関係者の皆さんありがとうございました。

そして、この大会の情報をブログに載せてくれた
旭川人気ランブロガーえみちゃんに感謝です


今日は道内で「洞爺湖マラソン」や
「ノーザンホースパークマラソン」があった。

ランナーの皆さんお疲れさまでした
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

マラニック♪

普段は通過してしまう街ですよね、なんだかすごく楽しそうです。
おみやげも盛りだくさんで見ていて楽しい…
旦那さまとの「言い出しやがった」「先に行ってていいよ💢」のあたりが面白くて2回読んじゃいました(*´∀`)b

痛みのケア大事にしてくださいね。

しぃさんへ

久しぶりの大会後は下半身が痛くてたまりませんでしたが
わりとすぐに痛みはひいてホッとしました。

しぃさんの洞爺湖マラソン
30キロからはかなり辛かったようですね。
よく途中であきらめずにサブ4達成とPB更新できたな~と
感心しながら読ませて頂きました。

足をつりながらもケガなく無事にゴールできて
良かったです。



プロフィール

ウニママ

Author:ウニママ
ようこそ
黒ラブ『ウニ』1997年4月6日~2014年8月27日(享年17歳4ヶ月)の最後の半年間を綴りました。
その後はミックス犬(トイプードル&マルチーズ)『ホタテ』(2014年10月2日生)と暮らしています。
ランニングを始めて苦節4年目、やっとフルマラソンを走れるようになった札幌在住アラフィフ主婦の日常です。

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR