ウトナイ湖

10月11日 土曜日

10月の三連休初日は家族で苫小牧の「ウトナイ湖」へ。
日本でも屈指の渡り鳥の中継地とのことで
秋晴れの中、野鳥観察に行く。

札幌に長く住んでるけど
苫小牧市へ行くのは今回が初めて。
高速道路を使ったら30分ちょっとで
道の駅「ウトナイ湖」に着いた。
ウトナイ湖入口
早速、湖畔に出てみると
ウトナイ湖 白鳥達
ハクチョウが数羽、休憩中
あとでネイチャーセンターの女性に聞いた話では
ここで休んでるハクチョウ達は羽が折れた鳥やその家族で
渡りをせずにここでずっと暮らしてるそう。

今日までハクチョウの種類など気にしたことが無かったけれど
この後、縦看板などで写真を見てたら違いが分かるようになった。
コブハクチョウ
コブハクチョウ

コハクチョウとヒシクイ
コハクチョウとヒシクイ
このヒシクイもケガして飛べず
3年ほどここで暮らしてるそう。
(鳥オタクU君情報)

ハクチョウのフン
ハクチョウ達の近くに
大型犬のウン?と思われるモノがいくつも落ちてた。
なぜここに集中して犬のウン?と思って
これも後でネイチャーセンターの女性に聞いたら
なんと、これがハクチョウのフンとのこと
結構な大きさと、鳥に似つかわしくない形にビックリ。

水を飲むコハクチョウ
コハクチョウ
ハクチョウの首がヌゥッと伸びる。
なんとなく・・・志村けんさんの衣装を思い出す(笑)

気温は15℃前後で風があり寒くなってきた。
隣の「野生鳥獣保護センター」へ行ってみる。
鳥獣保護センター
このウトナイ湖は「ラムサール条約登録湿地」で
湖畔も建物も綺麗に管理されてる。

白鳥の体重
保護センターの中に入るとすぐに
「ハクチョウの重さ体験コーナー」が。
腰に力を入れて持ってみると・・・
ウニより軽かった(笑)

オオハクチョウは10kgほどあるらしいが
よくその体重で空を飛べるもんだと感心する。
この秋はまだオオハクチョウは飛来してないそう。

散策MAP
湖畔には散策路が整備されてる。
散策路道案内
地図や案内表示、野鳥の解説など
分かりやすい看板がいくつもあった。

木道
奥の「ネイチャーセンター」を目指し
林を散策しながら木道を進む。
以前なら「1km以上も歩くのは嫌だ」と思ってたけど
ランニングを始めたら1kmなんて短い距離に感じる。

マガンとヒシクイの群れ
遠くにマガンとヒシクイの群れが見える。
(これまた鳥の名前などは
ネイチャーセンターの女性に教わった)

スカイマーク
スカイマーク
新千歳空港が近いから上空には4、5分おきに
大きな音で旅客機が飛んでくる。
エアドゥ
AIR DO
この音と大きな飛来物を渡り鳥たちは気にしないのか?
後でネイチャーセンターの女性に聞いたら
「自分達には関係ないと分かってて
飛行機が飛んできても振り向きもしません」と。

V字
なるほど、全く気にせず鳥たちは悠々と飛んでる。

紅葉
紅葉が美しい

実?
エゾコウギ?

赤い花?実?
こんな木は初めて見た。
ピンクの花がついてるのかと思ったけど
マユミの実
マユミの実
よく見ると実だった。
ニシキギ科の低木で「山錦」とも呼ばれるよう。
なんと美しい木だろうか

紅葉
もうすぐ冬がやってきて
自然界には「色」がなくなる。
その前に沢山、天然の色を楽しんでおこう

赤トンボ
こんな寒さの中
まだがんばっていたんだ。

エゾシマリス
ネイチャーセンター近くの木道に
エゾシマリスがいた
エゾシマリス
ここのシマリスは木道の下で暮らしてるそう。
冬眠前のベッド造り、食料の貯蔵に忙しそう

ネイチャーセンター
ネイチャーセンター
ゆったり歩いてきたから
ここまで30分弱かかってしまった。

湖畔のセンターの中には
野生生物にメチャメチャ詳しい女性が二人

対岸にいるコハクチョウやマガンの群れに
望遠鏡のピントを合わせて見せてくれる♪

目の前をトンビが飛んでるな~と見てたら
「あ、チュウヒがいますよ」と。
「3羽飛んでるうちの真ん中がチュウヒで
その前後はトビですね」と。
チュウヒ
トビかチュウヒ
(何枚も写真をとってるうちに
区別がつかなくなった)
そんな名前の鳥がいることも知らなかった私。
なぜ遠くから鳥の違いが分かるのか?
「チュウヒは羽をV字にして飛ぶんです」とのこと。
ちなみに絶滅危惧種だそう

このネイチャーセンターには
いろんなモノが展示してあった。
エゾリスの巣
エゾリスがセンター内の本棚に作った巣。
枯れ草や木の葉だけでなく
センターのタオルや壁の中の断熱材なども使って
フワフワの部屋を作ったそう♪

エナガの巣
野鳥達の巣も展示されてる。
エナガの巣は木のコブみたいだった。

ホオノミ
以前から林でみかけてずっと気になってたコレは
ホオノキの実だと知った。

ハクチョウの見分け方
ハクチョウの見分け方や
ハクチョウの頭の骨、エゾシカの骨など
いろんな物が展示してありおもしろい
ハクチョウの頭の骨はとても軽かった。

この小屋に住み、この女性に弟子入りしたら
ものすごーく楽しい毎日だろうな~なんて思う

女性に沢山話を伺ってるうちにだいぶ時間が過ぎ
すっかりお腹が空いてきた。

帰り道をゆっくり歩いたら時間がかかりそうなので
私と次男は散策路を走って戻ることに。
湖畔の道
一緒に走るつもりが・・・
次男の姿はあっという間に消えた
散策路
木道や湖畔の砂の上やウッドチップの道など
トレイルラン気分で軽快に一人走るオバサン(笑)
途中、女性二人とすれ違っただけ。
1.5キロほどの帰り道はあっという間

ウトナイ湖道の駅
「道の駅ウトナイ湖」で家族と合流し
ホッキ寿司
せっかく苫小牧に来たのだから
ホッキ寿司を食べた。

アカゲラ君
道の駅には野鳥グッズがいろいろあって
買ってしまった「アカゲラ君」

ウニの祭壇
ウニの祭壇にマスコットが増えてきた
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ウニママ

Author:ウニママ
ようこそ
黒ラブ『ウニ』1997年4月6日~2014年8月27日(享年17歳4ヶ月)の最後の半年間を綴りました。
その後はミックス犬(トイプードル&マルチーズ)『ホタテ』(2014年10月2日生)と暮らしています。
ランニングを始めて苦節4年目、やっとフルマラソンを走れるようになった札幌在住アラフィフ主婦の日常です。

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR