アスパラ初収穫

5月31日 水曜日

平年よりも暑い日が続く札幌

公園
公園の緑が日に日に濃くなっていく。

公園のライラック
この辺りのライラックはちょうど見頃♪

林の中からは野鳥の美しい声がするけれど
もうどの木も葉っぱが全部出ちゃったので
鳥の姿を見つけることが難しくなってきた。
野鳥観察がしばらくできないのが残念

ホタテ
私の趣味に付き合わなくてすむホタテは
大好きなワンコ達と
ずっと一緒に歩けるから嬉しそう

ホタテ
この日もあちこちのオヤツポイントに立ち寄り
沢山ご馳走になった。



ある日は「熱湯の会」のメンバー4人が
久しぶりに全員集合。

住宅街の中にあるカフェに初めて行ってきた。
ランチ
サラダパンケーキの味付けが美味しい

ランチ
それぞれの子供達の新生活の様子を聞きながら
デザートはチョコバナナのミニパフェ



ある日は…
畑の隅のアスパラが
やっと育ってきたので…
庭のアスパラ
今年最初の野菜の収穫

庭のアスパラ
すぐに茹でてみたら
めっちゃおいしくて…

味見のつもりがおいしすぎて
結局一人で全部食べてしまった
いやしい母
ゴメンよ息子達

この量しか収穫できないのがいけないのだ。
…と量のせいにする



そして今日もコツコツと
弁当のオカズ作り。
弁当素材
北海道は時鮭がおいしい時期

弁当素材
うちの畑のアスパラは
しばらく収穫できそうもないので
買ってきたアスパラを使う。

畑をやってていつも思うのは…

庭で野菜が採れる頃
その野菜はスーパーで格安で買える時期なのだ。

だからうちの小さな畑でチマチマ作った野菜より
スーパーで買うほうがずっと安い。

でも
採れたての野菜の美味しさは
ものによっては格別だからやめられない。
エダマメはマズかったけど



今日は5月最後のランに出た。
ラン持ち物
初フルで必要になりそうな
補給食などをポーチに入れて
どれくらい重くなり走り難いのか実験ラン。

ラン
ポーチをつけて走るのは久しぶりで
ちょっと腰が重いけど
まあまあ走れる状態なので
ついでに「ガチユル走」をすることにした。

アップ2㎞の後
「ガチ」はキロ5分半を2本走ってる最中に
Sママとすれ違い
ゼーハー言いながら手を振る。

速いとポーチが揺れるし重いなぁ

ラン
「ユル」はなんとかキロ7分に速度を落として
走り続ける。

ゆっくりだとポーチの振動はあまり気にならず。

「ガチユル走」のルール通り
途中は糖分塩分などはとらず
水の補給のみ。

ラン
だんだんキロ7分をキープするのに疲れてきて
結局最後の3㎞は速度を上げてしまった。

相変わらず一人でゆっくり走るのがニガテ


今日のランは14㎞。

走り終わってしばらくしたら…
全身ダルい。

おまけに右ふくらはぎが
重く感じる

ひどくならないよう
いつも以上にケアに時間をかける。


5月の月間走行距離は158㎞だった。

初フルまであと17日。
そろそろ練習量を減らしていく時期かな?




スポンサーサイト

講習会20㎞走

5月28日 日曜日

今日はランニング講習会に参加するため
朝からススキノへ。

ランクリ
受付を済ませ
お餅やコーラやOS1を受け取る。

ランクラブのSさんの隣に座り
先週の洞爺湖マラソンの話を聞いたり
初めてのフルマラソンの前に
どんな練習してたか教えてもらったり♪

ランクリ
作田さんの1時間半の講義の間に
こっそり買ってきたオニギリやお菓子を食べる。

ランクリ
その後は速度によってグループ分け。

今日のメニューは洞爺でフルに出た人の
「20㎞回復走」か「15㎞ペース走」。

ランクリ
雨が降ったり止んだりの中
ススキノから豊平川河川敷に出る。

ランクリ
私はペーサー女性Kさんの
キロ6分半で15㎞と20㎞のグループに入り
自分は20㎞走るつもりで
真駒内公園に向けて走り出した。

この速度ならラクチンかな?と思っていたのに
走り出してみたら体が重い。

そして河川敷の道は水たまりだらけ

最初は水たまりを除けて走っていたけど…

ランクリ
そのうち池みたいな場所が続き
除けることは諦めて
水の中をバシャバシャ走る。

いつもなら数キロ走れば
体がスムーズに動くようになるのに
足場が悪いせいか
なかなか身が軽くならない。

そのうち雨も強くなってきた


来月の初フルマラソンは夫婦で
「奥尻ムーンライトマラソン」にエントリーした。

まだ今年で4回目の大会だけど
雨が降ることが多いようなので
この雨はその練習にはちょうどいいかな?と思いながら
靴も靴下もビショビショの状態で走り続ける。

ランクリ
途中で速いグループの人たちに抜かされる。

なぜか走り難い感じがその後もずっと続いてて
「足が濡れた状態で走って
大会前にマメができたら困るな…」とか

「これは無理して20㎞走らず
15㎞にした方がいいか?」
…なんて何度か悪魔のささやきが

でも雨の中を走る練習にはなるし
一人で20㎞走るより
集団の方が楽なはずだから
とりあえずついていくことに。

ランクリ
片道7㎞ほどで真駒内公園内に入った。

公園のランニングコースの途中で
「15㎞の方はK君について
折り返してください」とペーサーKさんから声がかかると
一緒に走っていた人の半分以上?が抜けてしまい
残ったのは6人だけ

ランクリ
先週洞爺湖マラソンに出た方々は
疲れてるところに悪天候の中を
無理して20㎞走る必要はないのだから当然かも。

でも私は来月が本番なんだから
頑張らねば

ランクリ
真駒内公園の新緑が雨に濡れてなかなか美しく
ここの道は水たまりもなく走りやすい♪

ランクリ
藤棚がキレイ

公園内を2周(6㎞)走り終わって
トイレ休憩してから折り返す。

ランクリ
帰り道の河川敷も
もちろん池だらけ

川下に向かってゆるい下り坂を走ってるのに
やっぱり体が重い

うーん

奥尻でもこんな調子だったら
42㎞も走れないかも

弱気になってきたけれど…

ランクリ
途中で前からチャリに乗った
尚子先生の姿が見えた

故障中で今は走れない先生が
チャリなら乗れるからと
給水や撮影に回って下さってる。


私は今は痛みなく走れてるわけで
それはとても有難いことなのだから
走れることに感謝して
弱気にならずちゃんと頑張らなくちゃ

ランクリ
最後はちょっとスピードが上がり
体が重いまま平均キロ6分24秒で20㎞走が終了。

あぁ~疲れた~。

どこにも痛みはないけれど
全身クタクタ

今日はダメな走りだったなぁ…

朝までは体調良かったし
沢山食べてエネルギーもあったはずなのに
この疲れ方は一体何だろう?
もしかして卵の日か?


その後…
速いグループはもう解散してたけど
私達は作田さん達と河川敷でそのまま
キロ7分ペースのグループを待って
全員が走り終わったところで一緒に解散となった。

ホテルまで戻る道で
疲労骨折から復帰したSさんと話しながら
「やっとゆっくり20㎞走れたね~」と
一緒になり喜んだ

走ることが生活の一部になってる私達にとって
故障などで走れない日々は本当にツライ。

たとえ体力、心肺機能が落ちてしまっても
また走れるようになった時の喜びは
ひとしおだと思う



5月後半

5月26日 金曜日

東京から帰ってからの
数日間の様子。

ホタテ
いつもの公園の八重桜はまだ咲いていた

八重桜
晩年のウニと一緒にお花見した
広場横の八重桜は散り始めてる

ホタテ
降り積もった花びらで遊ぶホタテ。

ミックスK君
オレの頭にも花びら乗ったさ

ライラック
公園のライラックも咲きだした。


この白い花は…
ナナカマドの花
どうやらナナカマドの花

札幌に住んで20年以上たつのに
今年初めてナナカマドの花に気付いた。
どうして今まで気づかなかったんだ?

タンポポ綿毛
タンポポが綿毛になり始めてる。

小さい頃に「綿毛が耳に入ると
耳が聞こえなくなる」という噂があり
ちょっと怖かったけど
あの噂の出処はどこだろか?

ホタテ
ここ数日、ワンコに沢山会えた日も
会えない日もあったけど…

ホタテ
2か月後に17歳になるイエローラブUちゃんが
元気そうで嬉しい



旅行が終わり現実生活に戻った私は
また弁当作りに追われる日々。

弁当素材
いくら作っても高校生、大学生の息子達に
すぐ消費されてしまうから
ついつい出来合いの冷凍食品を増やしていたら
「チンは美味しくない」と
次男からダメ出しが

肉ばかりは体に良くないので
魚のすり身や豆腐ハンバーグなどの
冷凍食品を入れてたけど
どうやらそれがお好みではなかったよう。
肉のハンバーグや鶏カラなどは
冷凍食品でもいいらしい


弁当素材
「母さんが作ったオカズなら
肉じゃなくても美味しいから入れて」と言うので…

「美味しい」って言うなら作るか~なんて
次男に上手く言いくるめられて?
コツコツおかずを作り冷凍保存する母。


今週は4日間の「高体連」が始まって
初日は朝3時半起き、その後は4時半起き
集合時間早すぎだぁ
高体連
次男は高校で陸上部に入った。

ホントはロードバイクをやりたかったらしいけど
そんな部活は無く
小学生までやってた陸上をやることに。

高体連
まだ競技種目すら決まってない次男は
高体連には出られないけど
私は毎日ランニングがてら競技場に通い
久しぶりの大会観戦を楽しんだ♪

陸上部の高校生は
もうほとんど大人と同じ体つきで
みんな無駄な脂肪のない
すばらしい体型だから
見てるだけで眩しい

サブトラ
ある日はサブトラックの外周が空いていたので
ここで「ガチユル走」をしようと走り出したら…

キロ5分20秒のガチで走ってる最中に
アップの高校生集団に軽々と抜かされて…

オバサンは見栄を張ってガチ2㎞の後も
速度を落とせずそのまま
キロ5分20秒のペース走に突入

そのうち次男が同級生達と
サブトラに自主練しに来たので
さらに見栄を張って母は走り続け…

結局、今の時期にやる必要のない?
キロ5分20秒で8㎞弱のペース走。

はぁ…疲れた~


その後、次男が走ってる姿を久々に見ていたら
真剣に練習してた小学生時代の走り方に戻ってて
母は嬉しかった

ハードな部活の練習と勉強の両立は
かなり大変そうだけど
なんとか頑張ってほしい。



4日間家を留守にしてただけなのに
庭の花たちが一気に咲きだしていたからビックリ。

スノーフレーク
スズランスイセン・スノーフレーク

タイツリソウ
タイツリソウが花盛り

ブルーベリーの花
ボケの真っ赤な花も満開で
その手前がブルーベリーの白いベル型の花♪

ダッチェス・オブ・アルバニー
去年うどん粉病にかかり
今年は出てこないかと思ってたクレマチス
「ダッチェス・オブ・アルバニー」がちゃんと育ってた!

コンテス・ド・ブショウ
庭の隅のクレマチス「コンテス・ド・ブショウ」も
グイグイ伸びていた。


パプリカ
畑にまだ空きがあるので
パプリカの苗を買ってきて定植。

畑
先週蒔いたニンジンやミニ大根の種が
もう発芽してた。

私が留守の間は
我が家で一番時間に余裕のある大学生に
ペットの世話や家事、庭の水やりなど
すべて頼んでおいた。

おかげで家の中は荒れることなく
ホタテやまるちゃん、ミオ、ミコ(アカハライモリ)
プランターの花や畑の野菜も
すべて元気でいてくれた

ありがとう長男




帰省最終日

5月22日 月曜日

箱根から実家に帰った夜は…

お土産
買ってきた箱根土産を試食したり…

実家
父自慢の食器を使って最後の晩餐。

父はこの日のテニス大会で
勝てないはずのペアになぜか
ストレート勝ちしちゃったもんだから
超ご機嫌で、ものすごい鼻息

箱根話で女3人(母、姉、私)が盛り上がる中
すっかり酔っぱらってる父は
何度もテニスの話を挟んでくる(笑)
繰り返される同じ話に
ちゃんと相槌打ってる母はエライ


父は御年84の立派なご老人だけど
現役でテニスできてることは本当に幸せだと思う。


お土産
こちらが買ってきた箱根土産

お土産
そして頂き物のお土産が山ほど
M叔母さん、Tちゃん、Sちゃんありがと~



沢山のお土産をスーツケースに詰め込んで
両親と羽田空港へ向かう。
羽田
金曜日の新千歳空港は混んでいたけど
月曜日の羽田は空いていた。

羽田
胃腸がお疲れ気味だから
お蕎麦で軽く昼ご飯。

羽田
その後は滑走路が見える場所で…

羽田
両親と飛行機の飛び立つ姿を眺めながら
デザートを味わう。


3泊4日の帰省と箱根旅は
見事なまでの晴天に恵まれた
もしかして私は晴れ女か?

あぁ~
充実した楽しい4日間だった

沢山エネルギーをもらったから
明日からの早起き弁当作り生活
また頑張ろう


箱根女子旅・二日目

5月21日 日曜日

昨夜の腹痛は胃薬を飲んだおかげか治まり
スッキリと目覚めることができた

快晴の箱根

箱根
今日も暑くなりそうな予感

箱根
このホテルは部屋を出るとすぐ外に繋がる。

箱根
新緑と花の匂いがたち込める回廊を歩き
三人でお食事処へ向かう。

テーブルには「あさごはん」のお献立と共に…
箱根
昨夜デザートを届けてくれた女性が写してくれた
私達三人の写真がメッセージ入りアルバムになって
置いてあった
しかもちゃんと三人分

細やかな心遣いがなんとも嬉しい

そしてお膳は…
箱根
甘酒がものすごく美味しい

アジの開きを食べるのは何年ぶりだろうか?
北海道ではアジをあまり食べない

温泉玉子も、添えられてる和菓子も
みんなとても美味しいし
何より嬉しかったのは餅の入ったお粥。
お粥もお餅も大好き

昨夜の食べ過ぎた胃腸にはちょうど良い量で
おいしい朝ごはんだった


朝食後はTちゃんSちゃんがお土産を選んでる間に
ロビーで自由に頂けるお茶を飲んでゆったり♪
箱根
このハーブティーもとても良い香り
高級リゾートは
すべて良い品を使ってるんだな~


その後、TちゃんSちゃんが
エスプレッソマシンと格闘してる。

何やらマシンの調子が悪く
珍しく私達よりも年上と思われる
男性従業員と話してて…

いつの間にやらダンディーな男性従業員と
すっかり仲良くなってるTちゃん(笑)

そう、彼女は昔から
誰とでもすぐに仲良くなれる天才

この旅行中もバスで隣に座った白人カップルと
英語でペラペラ会話してたし。

Sちゃんと二人
「これは英語力の問題じゃなく
コミュニケーション能力の違いだよね」と感心して見てた。

箱根

部屋に戻ってからも
チェックアウトまで時間があるので
また三人でオシャベリに花が咲く。

年齢を重ねてきた体のアレコレや
どう対処してるか…なんて
姉妹でしか話さないような事も
この三人だと自然と相談できてしまうから不思議。


それからやっとチェックアウト。
箱根
タクシーを待つ間
Tちゃんが仲良くなったダンディーさんに
ホテルの玄関前に出て写真撮影をお願いした。

ダンディーさんは昔はカメラのお仕事をしてたようで
いろんな角度からステキな写真を何枚も撮って下さった

名残惜しいけど
ここでこのステキなホテルとはお別れ。


タクシーで箱根湯本に向かう間に
またTちゃんの才能が発揮され…
箱根
運転手さんオススメの
老舗和菓子屋さんを教えてもらったので
ここでお土産を買ったり…

三人お揃いの小さな置物も購入

箱根
商店街を歩きながら駅に向かい
コインロッカーに荷物を預けた頃には
正午を過ぎてしまった。


帰りのロマンスカーは17時前出発のチケットなので
まだ時間があるから観光することに。

箱根
フリーパスを使うといろんな乗り物で
簡単に箱根をぐるっと一周できる♪

テレビ「カンブリア宮殿」や「ブラタモリ」で
箱根のことを放送してて
小田急が作り上げたいろんな乗り物や
箱根の地形について楽しみにしてきた。

箱根
まず最初は箱根湯本から「登山電車」に乗る。

箱根湯本は標高96mで
途中何か所かスイッチバックしながら
標高541mの強羅までゴトンゴトン列車は進む。

列車内はアジア系や白人さんなど
外国からの個人観光客が沢山いた。

箱根
強羅でケーブルカーに乗り換えて
標高750mの早雲山まで向かう。

標高が上がれば涼しくなるかと期待してたけど
天気が良すぎて、どこまで登っても暑い


箱根
行列に並び早雲山でロープウェイに乗り換える。

昨日は火山ガスの濃度が高くて
ロープウェイが止まっていたから
ちょっと心配だったけど乗ることができた♪

でも…

この辺りからだんだんと
帰りのロマンスカーの時間が気になり始める。

最初はどこかで昼ご飯を食べよう…
なんて思っていたけど
この混み具合だとゆっくり食べてる余裕は無さそう

箱根
ロープウェイはどんどん山を登り
富士山が見えたときには歓声が上がった

霞みがかっててクッキリとは見えなかったけど
やっぱり富士山は高いな~

箱根
だんだんと山の色が緑から茶色に変化し
硫黄のニオイがたちこめてきた。

箱根
そしてついに標高1044mの大涌谷に到着。

ここで「黒玉子」や
「黒いソフトクリーム」を食べてみたかったけど…

残念ながら私達には時間が無い

すぐに桃源台行きのロープウェイの列に並び直す。

この待ち時間さえなければ
昼ご飯食べられそうなのにな…。


列に並びながら
それぞれの子供達の写真などを見せあっていた。

Sちゃんの子供達とは
10年ほど前に一緒に旅行したことがあり
年賀状で毎年写真は見てるものの
私の中ではいつまでたっても
小さい頃の姿しか思い浮かばない。

その子供達がすっかり大きくなって
晴れ着姿だったりするから感動しちゃう

箱根
ロープウェイはどんどん山を下り
眼下に芦ノ湖が見えてきた。

箱根
すぐに観光船「箱根海賊船」の列に並ぶ。

あぁ…お腹が空いた

Sちゃんの持っていた
リンゴグミで空腹をしのぐ三人。

箱根
やっと海賊船に乗り込み
船の中ほどの席を確保して
三人でずっとおしゃべりしてるうちに…

箱根
箱根町港に到着。

あれ?
私達、芦ノ湖からの風景
全く見てなかったね(笑)


ここにもお食事処やらお土産屋さんやら
「箱根駅伝ミュージアム」やら
気になる所は沢山あるけれど…

とりあえずロマンスカーに乗り遅れないよう
すぐさまバスの列に並ぶ

「どこも見てないね…
せめて芦ノ湖バックに写真でも撮りたかったね」
…なんて話をしてたら
後ろに並んでたご婦人が
「空けといてあげるから行ってらっしゃい」と言って下さり…

ダッシュで芦ノ湖畔に行き
写真を撮るオバサン達(笑)

箱根
すぐバスの列に戻って
海賊船内で買ったアルフォートとジュースで
ひもじさに耐える。
こんなに一気にアルフォート食べたの初めて


箱根
バスはかなりの速度で
狭いクネクネの山道を走る。

本州では誰もが狭い道を上手に運転するな~と
感心させられる。

箱根
やっとスタート地点の
箱根湯本に到着して三人でホッと一息。

なんとか乗り遅れずに東京に帰れそう。


箱根
ロマンスカーの中でやっと
駅前で買った遅い昼ご飯にありつく。

お腹ペコペコなのでこの時ばかりは
食べることに集中して無口になる三人(笑)

箱根
「カンブリア宮殿」で車掌さんが紹介してた
プリンを最後に駅で買うことができた♪
かなり美味しい


こうして「祝50歳1泊2日箱根女子旅」は終了。

二日目はハードなスケジュールだったけど
すべての乗り物に乗れたし
お天気にも恵まれて箱根の全景を楽しめたし
列に並びながらでも三人で沢山話ができて大満足だった。

何年たっても
何でも話せる親友がいてくれることに感謝

それぞれに子供達やら両親、親戚やら
心配事の種は尽きないけれど…

それでもこうして1泊2日の女子旅に出られた事を
心からありがたく思っている
留守番してくれた家族に感謝

でも…

やっぱり1泊2日は駆け足だから
次は2泊3日以上にしようね~
ちゃっかり次の約束してるし(笑)






箱根女子旅・一日目

5月20日 土曜日

今回の帰省の二つ目の目的は
学生時代の親友達との箱根旅行

大学のテニスサークルで知り会った私達3人は
いつも汗だくになりながら
コートの中を走り回っていた。

社会人になってからも
飲みに行ったり海外旅行をしたり
まさに青春時代を共に過ごした親友。

結婚してからは神奈川、新潟、札幌と
お互い遠く離れて暮らしてる。

4年前にサークル仲間の結婚式で
久しぶりに東京で3人集まった時
「4年後、50歳になる記念に
ハワイに行こう」と話しが盛り上がった。

でも…現実的にはいろいろ厳しくて
行先はハワイから箱根に変更(笑)


箱根
早朝の新幹線で新潟から来たSちゃんと
新宿のロマンスカー車内で待ち合わせ
のはずが…

帰りのチケット番号を見て
違う席でウロウロしちゃった私は
嫌な汗をかきながら
Sちゃんとの4年ぶりの再会を果たした

その後、町田から乗ってきたTちゃんも合流。

ホントなら座席を回転させ
3人対面で座りたかったけど
満席だったので仕方なく…

二人席に無理やり3人で座り
おしゃべりに花を咲かせる
アラフィフおばさん達(笑)
「かしましい」ってこの事だね

箱根
車窓から見えた富士山にも大騒ぎ(笑)
ま、オノボリサンが二人もいるから仕方ない。


昼すぎに到着した「箱根湯本」は
強い日差しが照り付けてて暑い
箱根
駅周辺にはツバメが沢山飛んでいた
ツバメ見たの久しぶりだ~

荷物をコインロッカーに預け…
箱根
駅近くのお蕎麦屋さんで
九割そばの昼ご飯。


旅行に行くときはいつも
丹念に下調べをしてくれるTちゃんが
良いモノを見つけてくれた。
箱根
箱根近辺のいろんな乗り物に乗れる
「フリーパス」二日券。
この券とても便利だった

今回の旅行は「三人で話ができれば
観光しなくてもいいね」なんて最初は言ってたけど
お天気にも恵まれたので
ちょこっと観光することに♪


箱根
早速フリーパスを使いバスで移動。

登山バスは山道をうねうねと登り…
箱根
「箱根ガラスの森美術館」に到着。

奥に水蒸気の立ち昇る大涌谷が見えた

箱根
ここはヴェネチアン・グラス専門の
美術館とのこと。

箱根
庭園にはクリスタルガラスの
小さなキラキラがついたアーチや木などあり
お日様の光を受けて眩しいくらい輝いてた

箱根
オシャレな建物の中では
「ヴェネチアン・グラス二千年の旅展」開催中。

細やかな細工の美しいガラス製品がいくつもあり
ため息をつきながら見て回る。

箱根
紀元前1世紀頃のモザイクグラスや
その後どのようにガラス製法が発展していったのか
…なんてことがわかる展示だった。


箱根
園内のベンチで
ジェラートを食べながら一休み。

3人でいると話がつきないから
気付けばチェックインの時間を大幅に過ぎていた。

その後は登山列車で箱根湯本まで戻り
そこからタクシーで宿泊するホテルに向かう。


箱根
今回1泊するホテルは
せっかくの50歳記念だし
ハワイに行くこと考えたら安いもんだと…

家族旅行では泊まれない
かなり背伸びしたお値段の高級リゾート


さすがに部屋が凄かった
箱根
案内されたのはソファーやカウンターのある
「清流リビング」付きの部屋。

広い窓から目の前に新緑の美しい山と
足元には川の流れも見える最高のロケーション

箱根
部屋に「寄木ギャラリー」があり
寄木細工の器やオセロなど自由に使える♪

箱根
ゆったりとしたソファーでくつろげる。

箱根
ロータイプのベッドが3つ。

あぁ~こんな贅沢な部屋に
たった1泊じゃ勿体ないなぁ

興奮したオバサン3人は
案内してくれた若い男性従業員をつかまえて
部屋のあちこちで撮影会(笑)

こちらのホテルの従業員は若い人が多く
皆さん堅苦しさがなくフレンドリーで
とても感じが良かった


その後はお食事処の個室に移動して
お待ちかねのアップグレードした「特別懐石」を頂く。

品数が多くて全部の写真はないけれど…
箱根
先付「サーモンと野菜のマリアージュ三層のムース」
ムース絶品

箱根
「寄木八寸」の一品ずつを味わい始めたけれど…
途中から話に夢中になり
三人とも箸が止まる。

久しぶりに旧友と再会した時は
どんなに美味しい料理でも
味に集中はできないかも(笑)


箱根
御造りも一つずつそれぞれ
特別な味付けがされていて絶品

箱根
「明治の牛鍋」は
すき焼き風に仕上げてくれた。

かなりお腹が苦しくなってきたけど
高級肉を残すのが勿体なくて
ついつい食べてしまい…

他にも「お椀」「揚げ物」「蓋物」「筍ご飯」など
凝ったお料理が順番に出てきて
全部たいらげていたらお腹がパンパン

うぅ…
こんなに苦しくなったの久々だ…
もっと大きな胃袋が欲しい


そして気付けば2時間半も経っていて…

「よろしければデザートは
お部屋に御持ちしましょうか」と。
もしかして私達粘り過ぎた?

オシャベリに夢中で
時がたつのを忘れていた。


その後、女性従業員さんが
部屋にデザートを運んでくれた。
箱根
メッセージ入りのチョコプレートに
感動するオバサン達
またもや撮影会(笑)


そんなこんなで…
夜11時すぎにやっと温泉へ。

半露天風呂は貸し切り状態で
ライトアップされた森を眺めながら
三人でのんびり入ることができた。

でも…

夕食時にボトルで頼んだ
ミカン梅酒が効いてきたのか?

体はフラフラするし
おまけにシクシクお腹が痛くなってきた
やっぱ食べ過ぎ?

部屋に戻ってからも腹痛が治まらず
広いソファーで横になりながら
TちゃんSちゃんの話を聞いてるうちにウトウト

せっかく久しぶりに会えたから
ずっと起きて話をしてたかったけど
体力的に無理だった


二日目につづく。


東京へ帰省

5月19日 金曜日

旦那のマイルを使い3泊4日で
一人東京へ帰省する。

東京
北海道は季節外れの暑さで
この日も夏日の予報

東京
新千歳空港の出発ロビーで
軽い昼食を済ませる。

東京
飛行機の窓から地上を眺めるのが大好き

ラッキーにも東日本は快晴だったので
ずっと地図と照らし合わせながら
リアルジオラマを楽しんだ♪


東京
午後には実家のマンションに到着。

この時期にしては珍しく
札幌と東京の気温はほぼ一緒


東京
今回の帰省の目的の一つは
12月に入院した叔父に会うこと♪

今は通院治療中の叔父が
叔母と一緒に実家まで来てくれた。

東京

叔父は大きな病気を抱えているけれど
幸いにも薬が体に合い副作用は軽く
普通に生活できているとメールできいていた。

そうはいっても実際に顔を見ないと
分からないから少し不安だったけど…

叔父は食欲もあり
12月に会った時よりずっと元気そう

風貌は…

以前から頭の毛はほとんど無かったので
ツルツルになっても印象変わらず。

理系の叔父は病気について深く理解し
前向きに対処している様子で
「ああ、いかにも叔父らしいなぁ~」と思った。

夜には姉の友人も来てくれて
賑やかな宴会だった。


5か月前に病院にお見舞いに行った時は
「叔父に会えるのはこれが最後かも…」と
涙をこらえて面会したけれど
今回は終始笑顔で楽しい時間を過ごすことができた

こんな時間がずっと続きますように



やっと晴天

5月18日 木曜日

ここ数日の札幌は最高気温が10℃前後で
シトシト雨が降ったり強風だったりと
寒い日が続いていた。

この時期に暖房を入れるのは気が引けるけど…
我慢できずスイッチオン

写真展
日曜日は近所のカフェへ
ミニチュアダックスK君ママや
ビーグルB君ママの所属する写真サークルの
展示会を見に行ったり。

焼肉
息子達の誕生祝いと「母の日」を兼ねて
焼肉ランチに行ったり。
長男は19歳、次男は16歳



ある日は…
午後から雨予報だったので
いつもより早めにランに出た。
ラン
録画しておいた「ラン×スマ」を見たら
りさっちが月8回の「ガチユル走」のみで
フルマラソン自己ベストを更新してた
30キロ走はやらず
「ガチユル走」で20キロ走をしたらしい!


刺激をうけて私も
久々に「ガチユル走」をすることに。

アップ2㎞走った後に
「ガチ」はキロ5分を2本走り…
ラン
その後の「ユル」は
キロ7分ペースで走りたいのに
どうしてもキロ6分40秒までしか抑えられない

ラン
そのうち雨が降りだしてしまい
早く家に帰りたくて
さらにペースが上がる

結局、「ユル」はキロ6分前半で
この日のランは11㎞。

うーん…
これじゃ「ガチユル走」にならないか?

あぁ…寒かった。


二度目の30キロ走の後は
沢山ケアしたおかげか
筋肉痛にはならず

でもこの後、右足底筋膜に
張る感じが出てしまった

半年前みたいに
歩くのもままならない状態にならないよう
気を付けていかなくちゃ。



水曜日はやっとお天気に恵まれた
ホタテ
青空久しぶりだね♪

キビタキ
林の中ではキビタキが美しい声で鳴いていた

ホタテ
久しぶりにゆっくり散歩できて
ホタテも嬉しそう


その後は畑仕事をする。

数日前に苗は買っておいたけど
天気が悪くてなかなか作業ができなかった。
庭
苗や種たち、お待たせしたね~
やっと出番だよ♪

苗モノ野菜はキュウリ、カラーピーマン、普通のピーマン
そしてズッキーニに初チャレンジする。

庭
今年はズッキーニのために
黒ポリマルチをすることに。

庭
苗を定植し、あとはニンジン、インゲン
ミニ大根の種を蒔き
ニンジンの近くには防虫用に
マリーゴールドを植える。

苗に風除けガードをつけて
やっと終了。

はぁ~疲れたぁ~。

立ったり座ったり…
ときに前かがみや中腰で
ノンストップで作業しちゃったから
体のあちこちが痛い
年々、畑作業が辛くなってきてる



そして今日も札幌は晴天で
最高気温はなんと25℃の予報

空模様とは裏腹に…
今朝は体がダルおも
昨日の畑仕事のせいかな…

朝3時間の家事をなんとか終わらせ
腰にシップしてから
ホタテと散歩に出た。

ホタテ
今朝も沢山のワンコに会い
みんなで公園奥の花を見に行く。

エゾノウワミズザクラとホタテ
たぶん「エゾノウワミズザクラ」という花で
遠くから見るとライラックに似てる。

あ~良い香り

花
房の一つずつの花をじっくり見ると
桜の形をしてる♪

ホタテ
タンポポも満開だった


体が疲れてるから
ランはやめようかとも思ったけど…

もしかして畑仕事の疲れは走れば治るか?
と期待して一人ランに出た。

走り出すと…
やっぱり体は重い

ラン
右足底筋膜の違和感や
左足にも軽い痛みがあるから
スピードを出さずに走りたいのに
なぜか速度を抑えられず
無駄にキロ5分台

体はだるいし息が上がって苦しいし…

「こりゃ最短5㎞コースで帰ろうかな…」と
水飲み場に立ち寄ったところで
ちょうどSママに会えた

ラン
そこからはSママにキロ6分半~7分に
速度を抑えてもらいながら
一人の時は不用心で行きにくい
北広島方面に走る。

さっきまであんなに苦しかったのに
ゆっくりペースで話をしながらだと
体の重さなど全く気にならず。

途中で折り返して今来た道を戻る。

ラン
新緑が眩しい

気温はまだ20℃に届かず
さわやかな風が吹いてて心地よい。

すっかり体が元気になってるし(笑)
朝の腰痛も治った!

あ~Sママに会えて良かった

今日のランは11㎞。

Sママお付き合い頂き
ありがとうございました


昼ご飯
遅い昼ご飯は
帰り道に買ったご褒美パン

今は痩せすぎず太り過ぎず
ベスト体重をキープできてるから
適度に甘い物もオッケー



チューリップ寄せ植え
去年の秋に作った寄せ植えの
チューリップがやっと咲いた



二度目の30キロ走

5月13日 土曜日

今日は一か月後の初フルに向けて
人生2度目となる30キロ走に挑む。

一昨日ランクラブでお世話になってる女性Mさんに
「20キロ走やるけど一緒にどうですか?」と
ナイスなタイミングでお誘い頂いたので
途中で待ち合わせをすることに♪


ここ数日は寒い日が続いてる札幌。

気温は9℃、冷たい風の中
一人で走り出す。
ラン
長袖にウィンブレ、厚手の手袋、耳当て
首巻き姿で走っていたら
さすがに暑くなり
途中で上を脱ぎ腰に巻く。


ラン
体が妙に重くて
朝ご飯を食べすぎたかな?…と思いながら
心拍を確認したら
200近くまで上がっててビックリ

速度はキロ6分30秒前後と
ゆっくりペースをキープしてるのに
どうしてだろう?

ちょっと頭痛があったので
痛み止めを飲んできたせいだろうか?

スーパーのトイレに寄り休憩したら
心拍は160前後に落ち着いた。

ラン
やっと体の重さも気にならず
調子良く走れるようになってきて
家から8㎞の辺りで皆さんと合流。

ラン
今回は女性Mさんの他に
ランクラブのF氏、T氏、Y氏も一緒。

ペースは私の希望でキロ6分30秒にして頂く。

ラン
白石CRのあちこちで
八重桜が咲き始めてる

ランクラブのいろんな話を
ずっと聞きながら走っていたら
あっという間に家から12㎞の
東札幌に到着した。

ラン
コンビニで水分補給してから折り返す。


15㎞を過ぎた頃
小腹が空いてきて
水飲み場に寄ったついでに
持ってきた「スポーツようかん」を食べる。
これ、かなり美味しい

来月のフルマラソンではエイドが無いようなので
「スポーツようかん」持って走ろうかな~。

ラン
次はどの大会に出るのか?
目標ペースは?…なんてお互い話しながら
大谷地方面にどんどん進む。

虹の橋の上は風が強くて
帽子を押さえながら走るけど
「あの時の風に比べたらラクチンだよね」と
みんなで「くりやま酒蔵ラン」の強風を思い出していた。

実際、酒蔵ランで体が飛ばされそうな
強烈な風を経験した後は
多少の向かい風にはビクともしなくなった。
人間、経験って大切だな


途中で時間切れとなったY氏と分かれ
そこからは4人で走る。

ラン
キロ6分30秒が
今の私には一番走りやすい速度のようで
ハーフの距離を過ぎてもまだまだ元気

走り慣れたこの辺りでまた折り返し
大谷地方面に向かう。

その後、全部で30㎞になるよう
計算しながら…

26㎞走った辺りで皆さんと分かれて
一人折り返す。

ラン
一人になって走り出してみたら…

強い向かい風がけっこうキツイ。

そうか…

さっきまで長身の皆さんに囲まれて走ってたから
大丈夫だったんだと気付く。

ラン
公園の水飲み場で軽くストレッチしながら
干し梅を食べる。

先月初めて30キロ走をした時よりも
今回の方が体がラクなので
速度を上げてみることに。

キロ5分50秒ペースで4㎞ほど快調に走りながら
「そういえば…次男がそろそろ
部活から帰ってくる時間かも」と思い
スマホで彼の現在位置を確認する。

ラン
次男はあと少しで来るはずなので
少し距離を延ばして進み
一旦ガーミンを止めて数分待ってみると…

きたきた…

部活帰りの次男がロードバイクに乗って…

うん?

ラン
バイク用のヘルメットをしてないじゃないか

「ロードバイクに乗る時は必ずメットをかぶる」という
約束を破った次男に説教する母

「だってジャージ姿にメットはダサイんだよ…」と
ブツブツ言ってる次男を先に行かせて…

ラン
「私がパート時代に苦労して稼いだお金で
買ってあげたバイクだぞ。
約束守れないなら禁止だ

母は一人ブツブツと…
怒りを力に変えて最後の坂を登る


そんなこんなで…

最後は意識が別のとこにいっちゃって
あまり疲労を感じないまま
気付けば32㎞も走ってて…
ラン
あっけなく人生最長距離を更新

前回より体も足も疲れてないかも♪


ずっと一人でこの距離を走るのは大変だけど
誰かと一緒に話をしながらだと
思いのほか楽に走れるからとても助かる。

おかげ様でフルマラソンに向けて
良い練習になったし
自信にも繋がった


でも…
フルはさらに10㎞も多く走るわけで…

やっぱりまだまだ未知の世界。






梅林で野鳥探し

5月12日 金曜日

今朝はホタテを連れて車で
梅林公園に行ってきた。

梅林公園
白梅は散り始め
紅梅は8分咲きほど。

梅林公園
広い梅林の丘陵地を
ホタテと一緒にテクテク歩く。

ホタテ
園内は梅の香りで一杯

アレルギーの薬のおかげか?
今年は花粉症がひどくないから
風の弱い日はマスク無しで歩いてる♪

梅林公園
だんだんと青空が出てきて
お花見日和になってきた

最初は空いてた梅林も
時間がたつと人がどんどん増えてくる。

一部の芝生は「ペット立ち入り禁止」だけど
あとはワンコOKなので
犬連れの人が沢山歩いてる。

梅林公園
いつもの公園で時々会う
柴犬Sちゃんご夫妻とバッタリ。

ホタテはやっと知ってるワンコに会えて
大喜びしてた


ホタテ
梅林内を一回りしてから
よく野鳥が出てくる辺りで待ち伏せする。

シジュウカラ
何かを一生懸命ついばんでるシジュウカラ。

アカゲラ
紅梅の木につかまるアカゲラ。

木に穴を開けるつもり?
…と思って見ていたら
そのまま地面に降りて
草の中で何やらやっていた。
アカゲラが地面に降りるの初めて見た

ヒヨドリ
今日はヒヨドリのツガイだらけ。

あっちでもこっちでも
ヒヨちゃんのけたたましい鳴き声がする(笑)

その後、かなり粘って待ってたら

やっと本命の…

メジロ
メジロちゃんが登場
あ~やっぱり梅にはメジロが一番似合うね

せっかく会えたのに…

メジロはあっという間に
飛んでいってしまった


ホタテ
それから木道の方にも行ってみる。

マガモ
湿地の中にマガモのツガイがいて
オスの頭だけが妙に目立っていた。

野鳥
最後に会えたのはこの野鳥。
うーん、誰だろ?


私の趣味に付き合わされてたホタテ。
ホタテ
母さん、いいかげん帰ろうよ

はいはい。
お疲れさんでした。

プロフィール

ウニママ

Author:ウニママ
ようこそ
黒ラブ『ウニ』1997年4月6日~2014年8月27日(享年17歳4ヶ月)の最後の半年間を綴りました。
その後はミックス犬(トイプードル&マルチーズ)『ホタテ』(2014年10月2日生)と暮らしています。
ランニングを始めて苦節4年目、やっとフルマラソンを走れるようになった札幌在住アラフィフ主婦の日常です。

最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR