最終日・奥尻島観光

6月18日 日曜日

奥尻島、滞在3日目。

昨夜はホテルの大浴場内の水風呂で
何度もアイシングして
シップを何枚も貼り寝たんだけど…

朝、起きてみたら
下半身のあちこちが痛すぎる

42㎞も走ったのは初めてのことだし
股関節の調子が悪いくせに
出走しちゃったんだから
こうなることは覚悟していたけれど…

筋肉痛なのか、それとも故障が悪化したのかすら
判断できないほど痛い
ま、仕方ないさね…



奥尻ムーンライトマラソン4
ロボット歩きで食堂に向かい
まだ食欲は復活してないので
朝ご飯は少な目に頂く。

大会3日前からカフェイン抜きをしてたので
久しぶりに飲むカフェオレが
ものすごく美味しく感じる

奥尻ムーンライトマラソン4
今朝は晴天の奥尻島

午前中はツアーの方々と島内観光。

チェックアウトを済ませてから
ホテルの隣の「奥尻ワイナリー」へ
みんなで徒歩で向かう。
歩くのつらい~

昨日、フルやハーフを走った人や
応援だけの方もいるけれど…

ぎこちないロボット歩きの夫婦は
私達くらい

なぜ皆さん大会翌日に普通に歩けるの?

奥尻ムーンライトマラソン4
奥尻ワイナリーのブドウ畑の向こうに
2泊お世話になったホテルが見える。

奥尻ムーンライトマラソン4
ワイナリーでは赤、白のワインの作り方の違いなど
説明を聞きながら…
奥尻ムーンライトマラソン4
今はブドウの収穫時期じゃないので
空のタンクを見てまわる。

ここではブドウの栽培から醸造まで
すべてを島の中でやっているそう。

奥尻ムーンライトマラソン4
その後はワインの試飲を頂き
お買い物タイム。


それからはバスに奥尻島観光協会の
会長さんが御自らガイドとして同乗して下さった。
奥尻ムーンライトマラソン4
会長さんの面白い話を聞きながらバスは進む。

奥尻島は周囲84㎞の島。
昨日はマラソンで東海岸を全部走ったけれど
今日は西海岸を北上する。

奥尻ムーンライトマラソン4
岩場が広がるこの辺りは初めて通る道。

奥尻ムーンライトマラソン4
奥尻島の海はめちゃキレイ

そして…
奥尻ムーンライトマラソン4
イソヒヨドリの姿をまた見ることができた

奥尻ムーンライトマラソン4
途中からバスは山道に入り
眼下には今通ってきた道が見えた。

島の緑と青い海が美しい

奥尻島の8割は森で
そのうちの8割はブナの木。

そのブナの森のおかげで
奥尻島は水に困らないそう。

途中バスの中から
樹齢250年というブナの大木を眺めたり。

深い森が広がってるけれど
奥尻島にはクマやキタキツネや毒ヘビがいないそう!
そんな場所が北海道にあるなんてビックリ

かわりにタヌキがいるんだとか…
会いたかったなぁ


奥尻ムーンライトマラソン4
「球島山展望台」でバスを降り
ヨタヨタと90段の階段を登ると…

奥尻ムーンライトマラソン4
360℃のパノラマが~

北海道本土が思いのほか近くに見えたり…

奥尻ムーンライトマラソン4
「なべつる岩」や昨日走った海岸線が
遠くに見えた


足が痛い時に一番ツライのは
階段を下る時だ…

手すりにつかまりながら
一歩一歩降りてまたバスに乗り込む。
この辺りにはツツジや桜がまだ咲いていた!



次は昨日のフルマラソン10㎞辺りに通った
「賽の河原」に立ち寄った。

奥尻ムーンライトマラソン4
多くの石が積まれているここは
海難犠牲者・幼少死亡者の慰霊の地だそう。

奥尻ムーンライトマラソン4
ここの食堂で「道新観光」からのサービスの
焼きホタテなどを
美しい海を眺めながらご馳走になった

奥尻ムーンライトマラソン4
その後は昨日の第1、第3エイドの近く
「宮津弁天宮」に立ち寄って
元気のある人だけ急階段を上り下りしてお参り。

私はもちろんチャレンジできず…
でも旦那はお参りしに行ったからビックリ。

昨日は私よりずっと足を痛がってたのに
回復は彼の方が早いよう。

この辺りの海も透明度がものすごく良くて
エメラルドグリーンに近い奥尻ブルーが素晴らしい
ここで泳ぎたい~


それからフェリーターミナルに着き
半日の奥尻観光は終了した。

観光協会会長さんの奥尻愛を感じるお話しは
本当に楽しかった


奥尻ムーンライトマラソン4
帰りのフェリーに乗り込む。

奥尻ムーンライトマラソン4
島に着いた時よりも
さらに盛大なお見送りを受ける。

奥尻ムーンライトマラソン4
うにまる君、またいつか奥尻島に来るからね♪

奥尻ムーンライトマラソン4
一度はやってみたかった紙テープ

楽しい想い出を沢山ありがと~


そして…
奥尻ムーンライトマラソン4
またまたウミネコとの船旅♪

奥尻ムーンライトマラソン4
みんなミャーミャーいいながら
ずっとフェリーについてくるから
私は1時間半の間、お弁当も食べずに
ずっとカメラを構えてて
またしても船酔いせず済んだ
船、揺れなかったし

奥尻ムーンライトマラソン4

奥尻島は札幌から行くとなるとけっこう遠い。

それでもムーンライトマラソンに毎年出てる方もいるし
釣りのために毎年行くというご近所パパもいる。

2泊3日過ごしてみて
毎年行く人の気持ちがすごくよくわかる

奥尻島

深い森と美しい海と美味しい海産物と
何よりも島民の方々の暖かい人柄が印象に残る
ステキな島だった




スポンサーサイト

写真展

6月8日 木曜日

今日は「熱湯の会」バレリーナHちゃんの
車に乗せてもらい札幌中央区の
古民家ギャラリー鴨々堂へ。

写真展
鴨々川の畔に立つこの建物は
昔は置屋だったそう。

ここで公園散歩仲間の
ミニチュアダックスK君ママとビーグルB君ママが
初めての写真展(二人展)を開催中

写真展
「いつかの風景 ~街角グラフティ~」(入場無料)
2017.6.8~6.12 中央区南7条西2丁目2
古民家ギャラリー鴨々堂


お二人の写真は
ブログやインスタで沢山拝見してるけど
今回は街歩きで撮影した写真なので
今まで見てきた柔らかな色彩の
優しい写真とは雰囲気が全く違う。

写真展
ごく普通の街のよくある風景の中から
切り取られた場面が
オシャレな一枚の写真になっている。

Hちゃんと、どの写真が一番好きか話してみたら
なんと同じ作品だった!

初日のオープンすぐにおじゃましたので
まだお客さんが少なくて
しばしのんびりさせて頂く♪

写真展
「鴨々堂」の窓からすぐ鴨々川が臨めて…

写真展
マガモさんがプカプカ泳いでる
日によってはコガモも一緒らしい
ここに入り浸りたい…

ここのアンティークな建物にピッタリあう
どこか懐かしい雰囲気の
ステキな写真展だった



さてその後は運転が得意なHちゃんのナビを頼りに
以前に「熱湯の会」で行って
また来たいと思ってた大倉山のカフェへ。
ランチ
秋に来た時とは
庭の雰囲気が違い緑が一杯♪

ランチ
新緑の美しい山を
眺めながらのランチ

ランチ
お互い体を動かす趣味で
あちこち傷めたりしてるから
「やっぱこの年齢で無理しちゃいけないね」
なんて慰め合ったり(笑)

あ、私の左ハムストリングスは
少し痛みが和らいできてるのでホッとした



ホタテ
夕方のTV、ヒロさんがやってるイチオシで
今日の写真展のK君ママB君ママの
街歩き撮影風景など取材映像が流れた

その中でB君ママが
「撮ってると自分が何が好きなのかが見えてくる」と。

おぉ~そうだよね~。

私も気付けば自然や生き物の写真ばかり撮っている。

楽しい一日だったな
K君ママB君ママ月曜日まで頑張って~
Hちゃんありがと~


帰省最終日

5月22日 月曜日

箱根から実家に帰った夜は…

お土産
買ってきた箱根土産を試食したり…

実家
父自慢の食器を使って最後の晩餐。

父はこの日のテニス大会で
勝てないはずのペアになぜか
ストレート勝ちしちゃったもんだから
超ご機嫌で、ものすごい鼻息

箱根話で女3人(母、姉、私)が盛り上がる中
すっかり酔っぱらってる父は
何度もテニスの話を挟んでくる(笑)
繰り返される同じ話に
ちゃんと相槌打ってる母はエライ


父は御年84の立派なご老人だけど
現役でテニスできてることは本当に幸せだと思う。


お土産
こちらが買ってきた箱根土産

お土産
そして頂き物のお土産が山ほど
M叔母さん、Tちゃん、Sちゃんありがと~



沢山のお土産をスーツケースに詰め込んで
両親と羽田空港へ向かう。
羽田
金曜日の新千歳空港は混んでいたけど
月曜日の羽田は空いていた。

羽田
胃腸がお疲れ気味だから
お蕎麦で軽く昼ご飯。

羽田
その後は滑走路が見える場所で…

羽田
両親と飛行機の飛び立つ姿を眺めながら
デザートを味わう。


3泊4日の帰省と箱根旅は
見事なまでの晴天に恵まれた
もしかして私は晴れ女か?

あぁ~
充実した楽しい4日間だった

沢山エネルギーをもらったから
明日からの早起き弁当作り生活
また頑張ろう


箱根女子旅・二日目

5月21日 日曜日

昨夜の腹痛は胃薬を飲んだおかげか治まり
スッキリと目覚めることができた

快晴の箱根

箱根
今日も暑くなりそうな予感

箱根
このホテルは部屋を出るとすぐ外に繋がる。

箱根
新緑と花の匂いがたち込める回廊を歩き
三人でお食事処へ向かう。

テーブルには「あさごはん」のお献立と共に…
箱根
昨夜デザートを届けてくれた女性が写してくれた
私達三人の写真がメッセージ入りアルバムになって
置いてあった
しかもちゃんと三人分

細やかな心遣いがなんとも嬉しい

そしてお膳は…
箱根
甘酒がものすごく美味しい

アジの開きを食べるのは何年ぶりだろうか?
北海道ではアジをあまり食べない

温泉玉子も、添えられてる和菓子も
みんなとても美味しいし
何より嬉しかったのは餅の入ったお粥。
お粥もお餅も大好き

昨夜の食べ過ぎた胃腸にはちょうど良い量で
おいしい朝ごはんだった


朝食後はTちゃんSちゃんがお土産を選んでる間に
ロビーで自由に頂けるお茶を飲んでゆったり♪
箱根
このハーブティーもとても良い香り
高級リゾートは
すべて良い品を使ってるんだな~


その後、TちゃんSちゃんが
エスプレッソマシンと格闘してる。

何やらマシンの調子が悪く
珍しく私達よりも年上と思われる
男性従業員と話してて…

いつの間にやらダンディーな男性従業員と
すっかり仲良くなってるTちゃん(笑)

そう、彼女は昔から
誰とでもすぐに仲良くなれる天才

この旅行中もバスで隣に座った白人カップルと
英語でペラペラ会話してたし。

Sちゃんと二人
「これは英語力の問題じゃなく
コミュニケーション能力の違いだよね」と感心して見てた。

箱根

部屋に戻ってからも
チェックアウトまで時間があるので
また三人でオシャベリに花が咲く。

年齢を重ねてきた体のアレコレや
どう対処してるか…なんて
姉妹でしか話さないような事も
この三人だと自然と相談できてしまうから不思議。


それからやっとチェックアウト。
箱根
タクシーを待つ間
Tちゃんが仲良くなったダンディーさんに
ホテルの玄関前に出て写真撮影をお願いした。

ダンディーさんは昔はカメラのお仕事をしてたようで
いろんな角度からステキな写真を何枚も撮って下さった

名残惜しいけど
ここでこのステキなホテルとはお別れ。


タクシーで箱根湯本に向かう間に
またTちゃんの才能が発揮され…
箱根
運転手さんオススメの
老舗和菓子屋さんを教えてもらったので
ここでお土産を買ったり…

三人お揃いの小さな置物も購入

箱根
商店街を歩きながら駅に向かい
コインロッカーに荷物を預けた頃には
正午を過ぎてしまった。


帰りのロマンスカーは17時前出発のチケットなので
まだ時間があるから観光することに。

箱根
フリーパスを使うといろんな乗り物で
簡単に箱根をぐるっと一周できる♪

テレビ「カンブリア宮殿」や「ブラタモリ」で
箱根のことを放送してて
小田急が作り上げたいろんな乗り物や
箱根の地形について楽しみにしてきた。

箱根
まず最初は箱根湯本から「登山電車」に乗る。

箱根湯本は標高96mで
途中何か所かスイッチバックしながら
標高541mの強羅までゴトンゴトン列車は進む。

列車内はアジア系や白人さんなど
外国からの個人観光客が沢山いた。

箱根
強羅でケーブルカーに乗り換えて
標高750mの早雲山まで向かう。

標高が上がれば涼しくなるかと期待してたけど
天気が良すぎて、どこまで登っても暑い


箱根
行列に並び早雲山でロープウェイに乗り換える。

昨日は火山ガスの濃度が高くて
ロープウェイが止まっていたから
ちょっと心配だったけど乗ることができた♪

でも…

この辺りからだんだんと
帰りのロマンスカーの時間が気になり始める。

最初はどこかで昼ご飯を食べよう…
なんて思っていたけど
この混み具合だとゆっくり食べてる余裕は無さそう

箱根
ロープウェイはどんどん山を登り
富士山が見えたときには歓声が上がった

霞みがかっててクッキリとは見えなかったけど
やっぱり富士山は高いな~

箱根
だんだんと山の色が緑から茶色に変化し
硫黄のニオイがたちこめてきた。

箱根
そしてついに標高1044mの大涌谷に到着。

ここで「黒玉子」や
「黒いソフトクリーム」を食べてみたかったけど…

残念ながら私達には時間が無い

すぐに桃源台行きのロープウェイの列に並び直す。

この待ち時間さえなければ
昼ご飯食べられそうなのにな…。


列に並びながら
それぞれの子供達の写真などを見せあっていた。

Sちゃんの子供達とは
10年ほど前に一緒に旅行したことがあり
年賀状で毎年写真は見てるものの
私の中ではいつまでたっても
小さい頃の姿しか思い浮かばない。

その子供達がすっかり大きくなって
晴れ着姿だったりするから感動しちゃう

箱根
ロープウェイはどんどん山を下り
眼下に芦ノ湖が見えてきた。

箱根
すぐに観光船「箱根海賊船」の列に並ぶ。

あぁ…お腹が空いた

Sちゃんの持っていた
リンゴグミで空腹をしのぐ三人。

箱根
やっと海賊船に乗り込み
船の中ほどの席を確保して
三人でずっとおしゃべりしてるうちに…

箱根
箱根町港に到着。

あれ?
私達、芦ノ湖からの風景
全く見てなかったね(笑)


ここにもお食事処やらお土産屋さんやら
「箱根駅伝ミュージアム」やら
気になる所は沢山あるけれど…

とりあえずロマンスカーに乗り遅れないよう
すぐさまバスの列に並ぶ

「どこも見てないね…
せめて芦ノ湖バックに写真でも撮りたかったね」
…なんて話をしてたら
後ろに並んでたご婦人が
「空けといてあげるから行ってらっしゃい」と言って下さり…

ダッシュで芦ノ湖畔に行き
写真を撮るオバサン達(笑)

箱根
すぐバスの列に戻って
海賊船内で買ったアルフォートとジュースで
ひもじさに耐える。
こんなに一気にアルフォート食べたの初めて


箱根
バスはかなりの速度で
狭いクネクネの山道を走る。

本州では誰もが狭い道を上手に運転するな~と
感心させられる。

箱根
やっとスタート地点の
箱根湯本に到着して三人でホッと一息。

なんとか乗り遅れずに東京に帰れそう。


箱根
ロマンスカーの中でやっと
駅前で買った遅い昼ご飯にありつく。

お腹ペコペコなのでこの時ばかりは
食べることに集中して無口になる三人(笑)

箱根
「カンブリア宮殿」で車掌さんが紹介してた
プリンを最後に駅で買うことができた♪
かなり美味しい


こうして「祝50歳1泊2日箱根女子旅」は終了。

二日目はハードなスケジュールだったけど
すべての乗り物に乗れたし
お天気にも恵まれて箱根の全景を楽しめたし
列に並びながらでも三人で沢山話ができて大満足だった。

何年たっても
何でも話せる親友がいてくれることに感謝

それぞれに子供達やら両親、親戚やら
心配事の種は尽きないけれど…

それでもこうして1泊2日の女子旅に出られた事を
心からありがたく思っている
留守番してくれた家族に感謝

でも…

やっぱり1泊2日は駆け足だから
次は2泊3日以上にしようね~
ちゃっかり次の約束してるし(笑)






箱根女子旅・一日目

5月20日 土曜日

今回の帰省の二つ目の目的は
学生時代の親友達との箱根旅行

大学のテニスサークルで知り会った私達3人は
いつも汗だくになりながら
コートの中を走り回っていた。

社会人になってからも
飲みに行ったり海外旅行をしたり
まさに青春時代を共に過ごした親友。

結婚してからは神奈川、新潟、札幌と
お互い遠く離れて暮らしてる。

4年前にサークル仲間の結婚式で
久しぶりに東京で3人集まった時
「4年後、50歳になる記念に
ハワイに行こう」と話しが盛り上がった。

でも…現実的にはいろいろ厳しくて
行先はハワイから箱根に変更(笑)


箱根
早朝の新幹線で新潟から来たSちゃんと
新宿のロマンスカー車内で待ち合わせ
のはずが…

帰りのチケット番号を見て
違う席でウロウロしちゃった私は
嫌な汗をかきながら
Sちゃんとの4年ぶりの再会を果たした

その後、町田から乗ってきたTちゃんも合流。

ホントなら座席を回転させ
3人対面で座りたかったけど
満席だったので仕方なく…

二人席に無理やり3人で座り
おしゃべりに花を咲かせる
アラフィフおばさん達(笑)
「かしましい」ってこの事だね

箱根
車窓から見えた富士山にも大騒ぎ(笑)
ま、オノボリサンが二人もいるから仕方ない。


昼すぎに到着した「箱根湯本」は
強い日差しが照り付けてて暑い
箱根
駅周辺にはツバメが沢山飛んでいた
ツバメ見たの久しぶりだ~

荷物をコインロッカーに預け…
箱根
駅近くのお蕎麦屋さんで
九割そばの昼ご飯。


旅行に行くときはいつも
丹念に下調べをしてくれるTちゃんが
良いモノを見つけてくれた。
箱根
箱根近辺のいろんな乗り物に乗れる
「フリーパス」二日券。
この券とても便利だった

今回の旅行は「三人で話ができれば
観光しなくてもいいね」なんて最初は言ってたけど
お天気にも恵まれたので
ちょこっと観光することに♪


箱根
早速フリーパスを使いバスで移動。

登山バスは山道をうねうねと登り…
箱根
「箱根ガラスの森美術館」に到着。

奥に水蒸気の立ち昇る大涌谷が見えた

箱根
ここはヴェネチアン・グラス専門の
美術館とのこと。

箱根
庭園にはクリスタルガラスの
小さなキラキラがついたアーチや木などあり
お日様の光を受けて眩しいくらい輝いてた

箱根
オシャレな建物の中では
「ヴェネチアン・グラス二千年の旅展」開催中。

細やかな細工の美しいガラス製品がいくつもあり
ため息をつきながら見て回る。

箱根
紀元前1世紀頃のモザイクグラスや
その後どのようにガラス製法が発展していったのか
…なんてことがわかる展示だった。


箱根
園内のベンチで
ジェラートを食べながら一休み。

3人でいると話がつきないから
気付けばチェックインの時間を大幅に過ぎていた。

その後は登山列車で箱根湯本まで戻り
そこからタクシーで宿泊するホテルに向かう。


箱根
今回1泊するホテルは
せっかくの50歳記念だし
ハワイに行くこと考えたら安いもんだと…

家族旅行では泊まれない
かなり背伸びしたお値段の高級リゾート


さすがに部屋が凄かった
箱根
案内されたのはソファーやカウンターのある
「清流リビング」付きの部屋。

広い窓から目の前に新緑の美しい山と
足元には川の流れも見える最高のロケーション

箱根
部屋に「寄木ギャラリー」があり
寄木細工の器やオセロなど自由に使える♪

箱根
ゆったりとしたソファーでくつろげる。

箱根
ロータイプのベッドが3つ。

あぁ~こんな贅沢な部屋に
たった1泊じゃ勿体ないなぁ

興奮したオバサン3人は
案内してくれた若い男性従業員をつかまえて
部屋のあちこちで撮影会(笑)

こちらのホテルの従業員は若い人が多く
皆さん堅苦しさがなくフレンドリーで
とても感じが良かった


その後はお食事処の個室に移動して
お待ちかねのアップグレードした「特別懐石」を頂く。

品数が多くて全部の写真はないけれど…
箱根
先付「サーモンと野菜のマリアージュ三層のムース」
ムース絶品

箱根
「寄木八寸」の一品ずつを味わい始めたけれど…
途中から話に夢中になり
三人とも箸が止まる。

久しぶりに旧友と再会した時は
どんなに美味しい料理でも
味に集中はできないかも(笑)


箱根
御造りも一つずつそれぞれ
特別な味付けがされていて絶品

箱根
「明治の牛鍋」は
すき焼き風に仕上げてくれた。

かなりお腹が苦しくなってきたけど
高級肉を残すのが勿体なくて
ついつい食べてしまい…

他にも「お椀」「揚げ物」「蓋物」「筍ご飯」など
凝ったお料理が順番に出てきて
全部たいらげていたらお腹がパンパン

うぅ…
こんなに苦しくなったの久々だ…
もっと大きな胃袋が欲しい


そして気付けば2時間半も経っていて…

「よろしければデザートは
お部屋に御持ちしましょうか」と。
もしかして私達粘り過ぎた?

オシャベリに夢中で
時がたつのを忘れていた。


その後、女性従業員さんが
部屋にデザートを運んでくれた。
箱根
メッセージ入りのチョコプレートに
感動するオバサン達
またもや撮影会(笑)


そんなこんなで…
夜11時すぎにやっと温泉へ。

半露天風呂は貸し切り状態で
ライトアップされた森を眺めながら
三人でのんびり入ることができた。

でも…

夕食時にボトルで頼んだ
ミカン梅酒が効いてきたのか?

体はフラフラするし
おまけにシクシクお腹が痛くなってきた
やっぱ食べ過ぎ?

部屋に戻ってからも腹痛が治まらず
広いソファーで横になりながら
TちゃんSちゃんの話を聞いてるうちにウトウト

せっかく久しぶりに会えたから
ずっと起きて話をしてたかったけど
体力的に無理だった


二日目につづく。


プロフィール

ウニママ

Author:ウニママ
ようこそ
黒ラブ『ウニ』1997年4月6日~2014年8月27日(享年17歳4ヶ月)の最後の半年間を綴りました。
その後はミックス犬(トイプードル&マルチーズ)『ホタテ』(2014年10月2日生)と暮らしています。
ランニングを始めて苦節4年目、やっとフルマラソンを走れるようになった札幌在住アラフィフ主婦の日常です。

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR