連休後半

5月6日 日曜日

連休後半は一家で
旦那の実家にお世話になる。

庭
残念ながらお天気はイマイチ

義父が腰を痛めて
畑仕事ができないと聞き
心配したけれど
義母と義妹で頑張ったらしく
タマネギなど植え付けが終わっていた。


小雨の降る中おでかけいろいろ。
ランチ
帰省の時に必ず立ち寄る
お気に入りのお店。

ランチ
ペンネのゴルゴンゾーラが格別美味しい

墓参り
お墓参りをしたり…

パン屋さん
新しくできたパン屋さんに立ち寄ってみたり。

品数は少ないけれど
ハード系のパンが美味しかった


夜は義母お手製のお寿司で宴会。
晩ご飯
育ち盛りが3人もいるから
握り寿司も肉料理も
あっという間に消えていく。

晩ご飯
長男はついに二十歳になるので
この日初めてお酒解禁

手始めに缶チューハイ
その後、ワインや日本酒やビールなど
いろいろ飲まされてた。

翌日、長男の体調に問題はなく。

旦那も私も普通に飲めるから
たぶん長男も飲める体質だろな。


ケーキ
「こどもの日」だからと
ケーキも頂いた。


田んぼ
窓から見える田んぼは水が張られ
トラクターが動いていた。

遠くにはまだ真っ白な
大雪山系と十勝岳連邦が
なんてキレイなんだろか~


ホタテ
ホタテは近所をお散歩。


昼ご飯
なんだかんだと
ご馳走になってばかりで
体重も体脂肪率も当然増加

あと2週間で大会本番なのに
なんてこった

ホタテ
アタシもご馳走食べ過ぎた

上げ膳据え膳の帰省で
私はのんびりさせて頂き
息子達はおこずかいを沢山もらって帰宅。


お義父さんお義母さん
いつも本当にありがとうございます
父上腰お大事に


さあ明日から普段の生活に戻る。
あぁ…
弁当作りが憂鬱だぁ…



スポンサーサイト

四十九日

3月13日 火曜日

昨日は東京から来ている両親と一緒に
市内の従姉の家へ。

K姉さん
従姉のK姉さんの四十九日法要に
帯広や青森からも親戚が集まった。

お葬式の時は悪天候で飛行機が飛ばなくて
東京の両親は来られなかったので
遺影のK姉さんの笑顔を初めて見た母は
言葉を詰まらせていた。

G君
K姉さんがいなくなってしまい
ご家族はもちろん
愛犬G君も寂しくてたまらないだろう。

私はいまだに
K姉さんの書いていたブログを
更新されてないのはわかっているけど
時々開いてしまう。


法要の後は
親戚一同で食事会へ。
ホテル
ここは二十数年前に
私が結婚式を挙げたホテル。

ランチ
地下の中華バイキングで
昼ご飯をご馳走になった。

いつも親戚が集まる席で
すべてを取り仕切ってくれていたK姉さんは
小さな写真盾の中に納まり
会に参加。

ランチ
K姉さんは明るく温かい家庭を築かれたので
法事の席も湿った重い空気はない。

それでもやはり
この席にK姉さんがいないことが
私はとても寂しかった。

ホタテ
お土産をいろいろ頂いて帰宅した。



さて今日は…
ホテル
朝早くから一人で
両親の泊まるホテルへ。

朝ご飯
毎回恒例となっている
朝食バイキングを頂きに。

朝ご飯
クロワッサンが美味しいから…

朝ご飯
おかわりしてしまい
朝から満腹。
昼ご飯はナシだな…

ホテル
ホテル21階からの眺め。


こうして遠くに住む両親に会えたことは
嬉しいけれど
やっぱり不幸での集まりは悲しいものだ。

でもこの先もきっと
親戚で集まる機会は法事の席しか
ないんだろな…

ホタテ
なんだか切ないね


広島旅行・パート2

2月18日 日曜日

広島で迎える二日目の朝。

広島旅行
朝食ビュッフェをたっぷりと。

広島旅行
エネルギー充填完了。


さてこの日は旦那と二人で広島観光へ。

電車で移動すると…
広島旅行
山の裾野の斜面にビッシリと家が立ち並んでる光景が
あちこちでみられた。

広島は山と海に挟まれたエリアに
人口が集中してるよう。

いつも広大な北海道の平野で暮らしてるから
なんだか不思議な景色だった。


JR山陽本線の宮島口からフェリーに乗り換え…
広島旅行
見えてきたのは厳島神社

広島旅行
いつかは自分の足で訪ねてみたい場所だったから
やっと来られて感激

広島旅行
朝早くに来たので
ビュースポットが空いてて助かった。

広島旅行
ちょうど潮が満ちてくる時間帯だったので
海に浮かぶ回廊を眺めたり…

広島旅行
奥の方はまだ潮が満ちてなくて
地面が見えたりと
おもしろい光景だった。

広島旅行
奈良公園のように
沢山の鹿に会えるかと期待してたのに
数頭しかいなかったのでちょっとガッカリ。
鹿せんべいも売って無かった

広島旅行
その後は坂道を登って大聖院へ。

山沿いにいくつもお堂があり
階段を何段も登って参拝する。

厳島神社は観光客だらけだけど
この辺りは人が少なくて落ち着いた雰囲気。

広島旅行
大日如来?の石像が美しかった


坂を下り厳島神社の裏手にまわり
五重塔や千畳閣へ。

広島旅行
秀吉が建てさせたという千畳閣は
彼が亡くなり未完成とのこと。

広島旅行
眼下に見える厳島神社も美しい。

広島旅行
それから裏参道商店街をぶらぶら歩く。

広島旅行
まだお腹は空いてないし牡蠣はニガテだけど
せっかくなので「焼き牡蠣」を食べてみたら…

これがとても美味しかった


その後は広島駅まで戻り
JR呉線に乗り換えて呉駅へ。

広島旅行
旦那の希望で「大和ミュージアム」を見学した。


そしてまた広島駅まで戻り
タクシーで平和記念公園へ移動。

広島旅行
昨日閉館時間を過ぎてしまって
入れなかった「平和記念資料館」へ。

大和ミュージアム、原爆ドーム、平和記念資料館など
今回の広島旅行は戦争について学ぶ良い機会だった。



夜は旦那が「お好み焼きを食べたい」というので
また「お好み村」へ。
広島旅行
昨日とは違うお店に入ってみた。

広島旅行
すごく美味しいお好み焼きだった

この日も沢山歩いて
一日で1万8千歩。

旅行は体力ないと身体がもたないから
今のうちにもっとあちこちに行くべきかも。



そして翌朝は早朝にホテルを出発し
広島空港へ。

広島旅行
ここのラウンジには青汁が無かったので
野菜ジュースで我慢。

帰りも贅沢にプレミアム席
広島旅行
朝の便は和朝食付き。

いくら無料とはいえ
朝からのアルコールはやめておく。
旦那は飲んでたけど

広島旅行
このチョコのお菓子が
とても美味しかった

広島旅行
短い日程ではあったけど
行きたかった場所はすべて回れたし
お天気にも恵まれて
充実した旅行だった




広島旅行・パート1

2月16日 金曜日

旦那の広島出張に合わせて
私も初めての広島旅行に出かけてきた。

広島旅行
旅の準備は万全(笑)

3泊4日だけど直行便の関係で
夜出発&朝帰りなので正味2日の日程。

夜の新千歳空港では
初めてラウンジに入り…
広島旅行
旦那はすでにビールを飲み始めたけれど
私は青汁。
この青汁美味しかった!

旦那のマイルが溜まってるので
座席はプレミアムにグレードアップ

リクライニングできる広い座席が快適すぎて
2時間しか乗らないのが勿体ない気分。

広島旅行
そしてプレミアム席にはご飯がつく!

アルコール類もすべてタダと知り
調子に乗ってスパークリングワインなんぞ
飲んでしまったら
これが少量でもかなり酔っぱらう。

「機内で飲むと酔う」とは聞いていたけど
本当なのだと実感した。

広島旅行
夜遅くにやっと
広島のホテルに到着。



さて翌日は…
広島旅行
朝食ビュッフェを楽しむ

広島旅行
ビュッフェだとついつい食べ過ぎるな…


その後は仕事へ向かう旦那と分かれて
一人で旅を楽しむことに。
広島旅行
タクシーの車窓から見えた大型の野鳥

広島旅行
広島から空席だらけの
新幹線こだまに乗車。
新幹線に乗るの何年ぶりだろな~♪

三島でJR呉線に乗り換え…
ウサギ島
港のある忠海駅に到着。

ウサギ島
忠海港から小さなフェリーに乗り換えて約15分。

ウサギ島
瀬戸内海にうかぶ小さな島
「大久野島」に到着した。

そう、ここが私が以前から来たかった
通称「うさぎ島」

周囲約4㎞の小島には
かつて毒ガス工場があったそう。

今は700羽もの
野生のウサギが暮らす国立公園になっている。

ウサギ島
船着き場の目の前には
すでに沢山のウサギの姿が


ウサギ島
いるいる、ホントにウサギだらけだ~

ウサギ好きにはたまらない光景

ウサギ島
島内はレンタサイクルでも回れるらしいが
私は徒歩で移動する。

ウサギ島
ウサギ達は観光客を見つけると
「オヤツ持ってるかい?」と近づいてくる♪

島内ではウサギのエサは販売禁止なので
観光客はそれぞれにオヤツを持参してきてる。

私も早速用意した
ウサギのペレットやニンジンを出そうとするけど…
ウサギ島
カバンをガサガサやってると
待ちきれないウサギ達がカバンに乗っちゃって
袋が開けられない(笑)

ウサギ島
最初は手のひらにペレットを乗せ
口元に運んでいたけど
押し合いへし合いで間に合わず
面倒になり足元にペレットをバラバラと撒く!

ウサギ島
島内にはあちこちに
ウサギ用の水が用意されている。

たぶんボランティアと思われる男女数名が
水を汲んだりエサを撒いたりと
ウサギのお世話をしていた。

ウサギ島
船着き場から海沿いの道をのんびり歩いていくと
あちこちでウサギに出会う。

ウサギが車にひかれないよう
路上でのエサやりは禁止されてる。

ウサギ島
安全な場所でペレットを撒くと
近くのウサギ達がワラワラと集まってくる。


この島はウサギだけでなく…
ウサギ島
北海道では見たことのない
野鳥がいろいろ♪

ウサギ島
これはツグミだね。

ウサギ島
こちらはツグミみたいに
地面をテクテク歩いてた。

ウサギ島
色鮮やかな小さめの野鳥。

ウサギ島
これも小さめの野鳥。

野鳥の姿も楽しみながらのんびり歩き
島の宿泊施設の休暇村前に到着。

休暇村前の広場で
またペレットを撒くとウサギ達が走ってくる♪
ウサギ島
もっとチョウダイ

ウサギ島
ニンジンも大人気♪

ウサギ島
すごい勢いでニンジンをもぎ取っていく。

ウサギ島
島に来た観光客はそれぞれのスタイルで
ウサギを堪能してる。

冬の平日だからたぶん観光客は少な目で
ウサギ達はみんなお腹を空かしてて
オヤツを持ってる人間は人気者になれる

ウサギ島
ウサギの抱っこは禁止になってるけど
地面に座り込んでると
ウサギの方からヒザの上によじ登ってくる~

あ~幸せだぁ~

この島のウサギ達は人懐こくて
天敵がいないせいか
野生とは思えない状態で暮らしてる。


倒れてるウサギが!
ウサギ島
…と思ったら
寝てるだけだった(笑)
ホントに野生なのか?

ウサギ島
かわいすぎ~

ウサギ島
茶系のウサギが多いけど
たまにこんな柄のコも。

ウサギ島
おもしろい色合い。


休暇村の建物内にはお土産屋や食堂もあったけど
朝のビュッフェを食べ過ぎたせいかお腹が空かず
ひたすら外でウサギと戯れていた。


来た道を戻って帰る最中も…
ウサギ島
人間だ~オヤツくれ~
…とウサギが集まってくる。


ウサギ島
お腹が満たされたウサギは
昼寝に入る。

ウサギ島
この島のウサギは「アナウサギ」という種類で
穴を掘って暮らしてるらしく
島はどこもかしこも穴ボコだらけ。

ウサギ島
それぞれに好みの穴にはまって寝てる。

ウサギ島
ここにもまた倒れてるウサギが…。
こんな姿で熟睡する野生動物がいるだろうか?

ウサギ島
あぁぁ~
シッポが可愛い

一日中この島でウサギと戯れていたかったけど
ずっと外にいたら体が冷えてしまった。

名残惜しいけど広島に帰ることに。
ウサギ島
帰りは大型フェリーだった。

広島旅行
忠海の駅前でもう咲いてる梅の花を見つけた!

北海道はまだ真冬だけど
こちらはもう春が始まってる。


さて2時間以上かけ広島に戻ってからは…
広島旅行
広島城を見学したり…

広島旅行
原爆ドームを見たり…

広島旅行
平和記念公園を歩いた。

平和記念資料館は閉館した後だったので
明日におあずけ。


そこから繁華街を歩いて…
広島旅行
お好み焼きのお店が集まるビル
「お好み村」へ。

広島旅行
昼ご飯を食べてないからお腹ペコペコで
大き目のお好み焼きをペロリと平らげた。

広島旅行
ホテルの部屋に戻ってから
途中で買った「生もみじ饅頭」を試食。

普通のもみじ饅頭よりシットリした食感で
美味しかった。

この日は一日で1万8千歩あるいたから
さすがにヘトヘト。


ウサギ島、楽しかったな~

つづく。

年末年始

2018年1月2日(火)

年末は年賀状を書き終わり
次男の部活や長男のバイトも終わって
お休みモードに突入。


ある日は旦那と
2017年最後のランに出た。
ラン
トイプーP君
来年も沢山会えるといいね~♪


嬉しいことに
股関節に痛みが出ないので…
ラン
久しぶりに虹の橋を渡ることができた

この日のランは平均キロ7分15秒で12㎞。


2017年の年間走行距離は
去年より100㎞ほど多い1336㎞で自己最長。

6月に初フルを走った後は
ずっとあちこち痛くて
思うような練習はできなかったけど
そのわりには距離が伸びていた。

あぁ…

来年こそは1年を通して
故障せず走れますように



さて例年のごとく
我が家は旦那の実家に帰省し
年越しさせて頂いた。

ホタテ
台所で義母に張り付いて
調理中の自家製野菜をもらうホタテ。

スキー
ある日は長男次男と姪っ子も一緒に
隣町のスキー場へ

私はこれが今シーズン最初のスキーで
ちゃんと滑れるか心配だったけど
なかなか調子は良かった。

でも下半身を労わり
すぐに休憩。

トン汁
義母の持たせてくれたオニギリは
なぜいつもこんなに美味しいのだろうか…


ご馳走
ある日の夜ご飯はすき焼き。

ご馳走
大晦日の夜はご馳走

ご馳走
紅白を見ながらマージャンし
途中で年越しそばを頂く。

紅白が終わりチャンネルをジャニーズに変え
家族みんなでカウントダウン。

毎年ワンパターンではあるけれど
こうして平和に暮らせてることが
とても有難いと思う


明けて2018年。

ご馳走
元旦の朝は義母の美味しいお雑煮を頂く

ホタテ
その後は地元の神社に初詣。

おみくじを引くと…
私は小吉。

でも高校受験を控える姪っ子が
大吉だった

ホタテ
ご馳走三昧の年越しをさせて頂き
ビールやお米や野菜を
山ほど車に積んで札幌に帰る。



さあ
2018年の日常が始まる。


ホタテ
今年もよろしくお願いします



プロフィール

ウニママ

Author:ウニママ
ようこそ
黒ラブ『ウニ』1997年4月6日~2014年8月27日(享年17歳4ヶ月)の最後の半年間を綴りました。
その後はミックス犬(トイプードル&マルチーズ)『ホタテ』(2014年10月2日生)と暮らしています。
ランニングを始めて苦節4年目、やっとフルマラソンを走れるようになった札幌在住アラフィフ主婦の日常です。

最新記事
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR