ワンコに癒された一日

10月30日 木曜日

朝から快晴
こんな日はいつもの公園に
沢山ワンコが集まってるだろう♪

ランニングがてら行ってみる。
いつもの公園
公園は秋色

広場のあちこちにワンコが沢山いた
R君Y君
柴犬R君とY君
この二匹は別のお宅のワンコ同士だけど
大の仲良しだから
公園で会うといつも一緒
毎朝親友に会えるなんて幸せだね

ビーグルMちゃん姉妹
ミックスK君 ミニチュアダックスK君

K君K君M姉妹
あ~ウニのおばさんがいた~
きっとオヤツくれるよ♪


今は家にウニがいない寂しさもあるけど
それと同時に、毎朝会ってた飼い主さん達や
沢山のワンコ達とのふれ合いが無い

でも寂しくなった時はこうして会いに来れば
みんな笑顔で迎えてくれる♪
ワンコはオヤツをもらったら
さっさと背中を向けるけど(笑)


いつもの公園
今日は絶好のラン日和
早朝は3℃まで冷え込んだけど
お日様があるから気温は10℃近くまで上がってる。

みんなと分かれて公園の中を走る。
途中、見覚えのあるイエローラブを連れた
見覚えのない若い男性がベンチで休憩中。
一応声をかけてみたら
やっぱりOちゃんだった
ご子息と散歩中だったよう。

いつもの公園
枯葉や土の上は
足に衝撃が少なくて走りやすい

今日はキロ7分ペースで
3.6キロのラン。
ゆっくり短い距離だから
足に痛みは全く出なかった


帰宅してからは庭仕事。
ロイヤルサンセット
ツルバラ・ロイヤルサンセットが伸び放題

ロイヤルサンセット黒星病?
春先は元気がなかったロイヤルさんだけど
その後はとても良い調子で
今年はほとんど病気にならず。
でも秋になり「黒星病」か?

ロイヤルサンセットアフター
悪くなった葉や細い枝をカットして
冬囲いしやすいようコンパクトにした。

ハニーサックルビフォー
ウッドデッキに絡みついた
ハニーサックルと
クレマチス「ダッチェス・オブ・アルバニー」を
バッサバッサとカットする。

ハニーサックルアフター
だいぶスッキリした。

ダッチェス株元
クレマチス「ダッチェス・オブ・アルバニー」は
強剪定だから根元近くで短くする。
株元の西洋オダマキもついでにカット。

バーベナ
5月に植えたバラの株元のバーベナは
まだ元気に咲いてる

デッキにたたんで置いてあったイスを
納屋に片付けようと動かしてみたら
嫌な気配が…
カメムシ
内側から大量のカメムシが~
ここで越冬しようと潜り込んでたよう。

ごめん、どこかへ行ってくれ~
日の当たる場所に出したら
カメムシ達はあっという間にいなくなった。
(どこへ避難したかは考えないでおこう)

ベビーロマンティカ
ベビーロマンティカもまだなんとか元気

ブルーベリー紅葉
ブルーベリーの木はきれいに紅葉してる。

ちょうど家の前をゴールデン2匹が通りかかった。
前にL君と一緒に遊びに来てくれた
NちゃんMちゃんだった。
ナデナデさせてもらう

まだ生後半年にも満たない
Mちゃんの手触りは最高

フウセンカズラ
ちょっと早いけどタネの袋をとって
フウセンカズラの株を片付けた。

フウセンカズラ タネ
茶色になってる袋には
タネが完成してた

フウセンカズラ タネ
これで来年もフウセンカズラを楽しめそう♪


昼ご飯
昼ご飯は冷凍パスタや…
組み合わせが悪いけど
たんぱく質をとるため納豆も。


夕方、ピンポーンと玄関のチャイムが鳴った。
次男同級生ママ友宅のゴールデンR君と
昔からの知り合いワンコ宅の3頭目のCちゃんが
遊びに来てくれた
R君
甘えん坊R君

Cちゃん
まだ1歳に満たない
やんちゃ娘Cちゃん

あ~やっぱりゴールデンは積極的に
「ナデテ」と体を寄せてくる
なんてかわいいんだろ。
そして手触り最高

今日は沢山のワンコに癒された一日だった
スポンサーサイト

ウニ四十九日

10月15日 水曜日

昨日は最高気温が10℃に届かず
小雨模様の寒い一日だったけど
今日は朝から晴天の札幌

こんな良い天気の日に行くのはもったいないけど
予約してあるから仕方ない
午前中は年に一度の「主婦検診」へ。
健康診断
去年、ここのバリウム検査でひっかかり
胃カメラを飲むはめに
結果はセーフだったけど
胃カメラを飲んでまだ8ヶ月ほどだから
今年はバリウム検査をパスした。

それに子宮頸がん検査も
3ヶ月前にかかりつけの婦人科で
受けたばかりなのでパス

この気が重い二つの検査が無かったから
今回の検診はさほど苦にならず

しかし
普段の生活で「朝ご飯」を抜くことはまず無いから
飲まず食わずで午前中を過ごすことが
毎年とても辛い

帰り道に買い物ついでに
昼ご飯を購入。
昼ご飯
やっと食べ物にありつく。

食べたらものすごーく眠くなり
1時間ほど昼寝

目覚まし時計をかけて起き
それから中学校へ。

先月雨で中止になった「陸上記録会」の短縮バージョンを
学年ごとに校庭で開催してくれることになった
中学
次男には「ずっと見てないですぐ帰ってよ」と
冷たく言われてたから
グランド端のフェンス越しにコッソリ見学

「走り幅跳び」や「選抜リレー」などを
他のママ達と静かに見学してたけど
最後のクラス全員が100mを走る
「クラス対抗全員リレー」は
グランド内に入り盛大に応援する

「全員リレー」は男女がミックスされ
走る順番もクラスごとに決めてるから
途中何度も順位の入れ替えがあり
見ててとてもおもいしろい。
あ~楽しかった

少し肌寒くなった夕方は庭仕事を少々。
トイプーKちゃん
トイプーKちゃんは明日トリミング予定とか。
トイプーは毛が伸びると人相(犬相?)が変わるね(笑)

ワンコ達
その後、ゴールデンL君、黒ラブR君
イエローラブM君が登場
L君R君
ウニのおばさん
またオヤツちょうだいね


今日はウニの四十九日。
ウニ四十九日
ウニのお葬式をした「ペットメモリアルZOO」から
ハガキをもらってた。

私はもう気持ちの整理がついたけど
どうも最近、旦那の様子がおかしい

大事な仕事道具を忘れて出かけたり
料理中に包丁で指先を切ったり
(けっこうな流血事件だった
家でもボーッとしてることが増えた。

そしてこの前息子達が
「父さんが、母さんに内緒でウニそっくりの
黒ラブを飼おうかって言ってたよ!」と報告してきた

もう我が家は大型犬は介護が大変だから無理だねと
何度も話してたのに、急にどうしたんだろ?

長男は「実はウニに一番会いたいのは父さんなんじゃない?」と。
そうかもしれない

私達夫婦にとっては第一子みたいな存在だったウニ。
息子達は大きくなり反抗期真っ盛りだけど
旦那が夜遅く帰宅するとウニだけは
起きてきて出迎えてくれた
いくつになっても小さい頃と変わらず
いとおしい存在だったウニ

ウニが旅立ってすぐの旦那は
私がおかしくなるんじゃないかと心配で
ちゃんと悲しんでる余裕が無かったのかも。
今になってポッカリ穴が空いちゃったか?
ちょっと心配

ウニ、天国から父さんを見守ってくれ~


旦那のケアはウニにまかせ(笑)
私は早めに夜ご飯を作り
一人先に食べてから、はりきってジムへ
夜ご飯
今夜のメニューは息子達には不評、ホッケの開き。

ジムでは三回目となる「CXWORX」を受けた。
一回目は全然ついていけず撃沈。
二回目は結構がんばれたので自信がついたのに
今夜はまた全然ダメだった

たぶん、二回目の疲れが下半身に残ってたせいだろう。
もっと間隔をあけて受けないと無理そうだ。


あんちゃん
父さんが黒ラブ連れて帰ってきたらどうする?
体重5キロ位の黒ラブがいたらいいのにね。

マタスイ仲間と宴会

9月25日 木曜日

良い天気の札幌
シュウメイギク
今朝もセイヨウミツバチが
シュウメイギクの蜜を
懸命に集めてた。

グリちゃん
グリちゃんはあまり飛ばなくなってきた。
カゴから出してもずっとカゴの上に止まり
ポケ~としてる
もう6歳半の老鳥だからこんなものか?

まるちゃん
ブルーデグーのまるちゃんは
我が家で一番若いからとても活発

午後から
長男がお腹にいる頃からのお付き合い
マタニティースイミング仲間
(マタスイ仲間)がウニのお参りに来てくれた
ケーキ
同じ時期に出産し
それぞれが幼稚園に入るまでは
毎週のようにどこかの家に集まり
一緒に子育てした仲間

<15年前の写真>
15年前の写真
ウニ2歳半 長男達は1歳半頃

子供達が大きくなってからは
神奈川県に引っ越した友達が
帰省するタイミングに合わせて
年に1回は集まってた。

でも去年はみんな受験生だったから会えず。
今回法事で帰省した友達が
わざわざウニのお参りに来てくれるのに合わせて
久しぶりにみんなで我が家に集まることに。

ジュエリー作家Tちゃん以外は
家に来るのは10数年ぶりか?
宴会
無計画に集合時間だけしか決まってなかったけど
皆さんのおごりでなんだか大宴会になった
ごちそうさまです

乾杯
車だから全員ノンアルコールで乾杯
お酒が入らずとも
昔から大騒ぎになる私達
帰宅した息子達はかなり引いてた(笑)

会うのは久しぶりでも
不思議と何の違和感もなく話ができて
ずっと笑いっぱなしの数時間
あっという間だった。

ウニにお土産沢山頂いた

ウニ祭壇
ウニ、みんな来てくれて嬉しかったね
あの頃小さかった子供達は
みんなもう高校生だよ♪

9月に入った

9月2日 火曜日

9月に入った昨日は
ウニが天国へ行ってから
初めて朝起きて涙が出なかった私
ウニ祭壇
ウニの遺骨は沢山の花に囲まれてる
今までウニが寝ていた場所に
17年間のいろんな写真を集めて飾ってみたら
なんだか賑やかになった

この日も晴天の札幌
朝晩は15度前後とすっかり涼しくなったけど
日中はまだ26、7度あり半袖で過ごしてる。
あんまる
二段重ねで日光浴するあんちゃんとまるちゃん。

団十郎
今年初めて育てるアサガオの「団十郎」は
大きな花をつけた。
でも柔らかな花びらはあっという間に
シナシナになってしまう。

ドイツアサガオ
こちらは去年のこぼれ種で出てきた「ドイツアサガオ」で
小さめだけど花持ちがいい。

庭仕事をしてたら長男中学同級生のママ友が
「ウニのこと・・・息子のタイムラインで知ったの」と
かわいいトイプーを連れてわざわざ来てくれた。

彼女は10ヶ月前に先代ワンコが旅立ち
悲しみにくれる生活をしてたけど
今は新しいワンコを迎え
充実した毎日を過ごしているという。

久しぶりにゆっくり話しをしてるうちに
昨日の「北海道マラソン」に旦那様が出場してて
道庁前で応援してたと!
それからはマラソン談義に花が咲き
彼女が「私も走ろうかな・・・と思うんだよね」と言うから
ラン教室の楽しさをしつこく宣伝しておいた(笑)

公園仲間
その後、いつもの公園仲間が
お散歩帰りにわざわざ遠回りして
また来てくれた
きっと私が沈んでないか
心配して顔を出してくれたのだろう。
恐縮です

でも、自分でも不思議なほど9月に入ってから
気持ちが前向きになっていた。

どうしてこんなに気持ちが軽くなったのか
ちょっと考えてみた。

・ウニが大往生だったから何も後悔がないこと。
・お葬式をして気持ちの整理がついたこと。
・沢山の花に囲まれた遺骨を見てると
「ウニは幸せだったな」と思えたこと。
そして自分が花に癒されてること。
・グリちゃんやあんちゃんまるちゃんや
ミオミコ(アカハライモリ)やスズムシがいて
賑やかなこと。
・ワンコ仲間が来てくれて思い出話をしたことで
寝たきりのウニより元気だったウニの姿を思い出せたこと。
・ワンコ仲間の先代を見送った経験談を沢山聞いていたこと。
・道マラでエネルギーをもらったこと。
・お天気続きで陽気が良く気持ちがさわやかなこと。
・長男や次男がいつも通りドタバタしてて気がまぎれること。
・ブログを書いてるから客観的に自分を見つめられること。

いろいろ思いあたる(笑)

ウニが10歳を過ぎた頃から
いつか来るであろうウニとの別れが
自分にとってどれほど辛いものか・・・
想像しただけで涙が出ていた。

ウニはそれを見越して
私が悲しまないで済む年齢や季節やタイミングを
すべて考慮し旅立っていった気がする。


夕方、近所を散歩してた友達ワンコに庭に入ってもらった。
ポメY君
ポメラニアンY君。
メチャメチャかわいい

MちゃんY君
Y君のことが大好きなエアデールテリアMちゃん。
すぐ近所のMちゃんは若い頃パパに叱られ家出して
うちの玄関前に一人で座ってたことがある(笑)


そして今日、火曜日は・・・

ゴールデンL君が登場
L君
L君はウニの遺体に会ってないので
まだ家にウニがいると思ったのか
ずーっと家の中をグルグル歩きまわり探してた
そのうちやっと落ち着いたL君。
ウニのこと、大好きだったもんね。
探してくれてありがとね。

Sちゃん
夕方にはパピヨンSちゃんが通りかかったので
庭に入ってもらいワンコを堪能する私。

ウニがいなくなっても、こうして知り合いのワンコに会えるから
気持ちが慰められてるのかも。
いつもみんなありがとね
いっそのこと、この狭い庭をドッグランにするか(笑)

セントピアーズ
セントピアーズの二番花は今が見ごろ

トウキビ
長男が高校の農作業の授業で作った
自分の「トウキビ」を1本持ち帰った。
小ぶりだけど茹でてみたら
ものすごくおいしかった

あんちゃん
アタシにはトウキビくれないの?
デグーは食べちゃいけないモノが多くて難しいんだよ。
トウキビはあまりよくないから、やめておこうね。

ウニのお葬式

8月28日 木曜日 夜

予約を入れたペット専用の火葬場
「ペットメモリアルZoo」へ
ウニを車に乗せ家族で行った。
(写真や名前をブログに出す許可を頂いた)

こじんまりとして落ち着いた雰囲気のペット斎場だ。
ウニ
キレイな祭壇がありウニを棺に入れ
まずはお線香を。

ウニ
隣の火葬炉の前でウニの周りに
自宅から持って行った花やお菓子やおもちゃ
そして家族写真などを飾りつけた。

もうこれでウニの体に触れないかと思うと
やっぱりポロポロ涙が止まらない。
ウニに何度もお別れの言葉をかける。
「家にウニがいなくなるなんて・・・信じられないな」と
次男が寂しそうにつぶやく。

煙突
炉の扉が閉まり、あとは家族だけで待合室で待つ。
時間があるから外へ出て煙突を眺める。
水蒸気が少し見えた。

待合室にはソファーがいくつか置いてあり
雑誌や絵本やマッサージチェアもある。
旦那や息子達は順番にマッサージチェアを使ったり
スマホをいじったり新聞を読んだりしてる。

私は・・・
とても疲れたな・・・と思い
ソファーに仰向けで寝てみたら
天井には青い空と白い雲の絵が。
ウニが旅立った昨日の空の様子とそっくりだった。

ウニはあの雲の中をどんどん進んで
ワンコ仲間の待ってる天国へ
駆け上がっていっただろう。

これで本当にお別れだ。
ウニ、みんなと楽しく仲良く暮らしてね。
そしていつか私がそちらへ行ったときは
必ず迎えにきて欲しい。

ダメだ、涙がとまらない。
普通のティッシュを使ってると
すぐ鼻がヒリヒリしちゃうから
「スコッティ」の「カシミア」というティッシュを
箱ごと自宅から持参した。
普段はこんなお高いティッシュは使えないけど
今日は特別だ。

1時間ほど待ってウニは骨になった。

恐竜の発掘みたいに
キレイに形が残ってる。
次男は人間のお葬式も知らないから
間近で骨を見るのは初めてでドキドキしてる。

斎場の方が骨の詳しい状態を教えてくれる。
ツメや歯や尻尾の一番小さな骨までちゃんと残ってる。
これが肩甲骨で、これが股関節で・・・
これが喉仏・・・ほら、人が手を合わせた姿をしてるんです、と。
理科の授業みたいでおもしろい。

左の鼻から上あごにかけては骨がボロボロだった。
やっぱり左上の歯が悪くなり化膿して
骨もダメになっていたんだ。
後ろ足の骨は空洞が多く、かなり弱っていた様子。
背骨の下の方には黒くなってる部分が少しだけあった。
何かが癒着してたかもと。
15歳頃からお座りができなくなったのはこのせいか?

「大きな病気はしてないんですが
老衰と考えていいのでしょうか?」と聞いたら
「ええ、立派な老衰で大往生ですね」と。

大きな骨を家族で橋渡しして骨壷に収める。
次男は「橋渡しってこれなんだ~」と感心してる。

最後に旦那が頭の骨を収め喉仏を乗せる。

骨壷
骨壷に収まったウニを祭壇に置き
またお線香をあげる。
家に帰ったら小動物が沢山いるから
お線香をあげられない。
ここでじっくり拝んでおこう。

息子達は「ペットのお葬式って
こんなにちゃんとやってくれるんだね」と感心してる。
私も、これで一区切りついた気分。

ちゃんとお葬式をすることは
家族にとっては大切なのかも。










プロフィール

ウニママ

Author:ウニママ
ようこそ
黒ラブ『ウニ』1997年4月6日~2014年8月27日(享年17歳4ヶ月)の最後の半年間を綴りました。
その後はミックス犬(トイプードル&マルチーズ)『ホタテ』(2014年10月2日生)との生活しています。
いつかはフルマラソンを目指す主婦の日常です。

最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR