生きていたのに…

5月29日 火曜日

過ごしやすい陽気が続く札幌

ホタテ
公園のライラックは満開で
甘い香りが漂っている。

ホタテ
昨日もホタテは柴犬ちゃん達や…

ホタテ
仲良しのワンコ達に会い
沢山オヤツをもらって帰宅。

ホタテ
我が家の芝桜も満開。

午後、家の窓からスズメバチが
庭のウッドデッキ周辺を
ウロウロしてるのが見えた

こりゃしばらくは庭に出られないか。

夕方ハチがいなくなったら
ハチ除けスプレーを撒かなきゃ。

そして夕方
スプレーを探して
庭の物置をゴソゴソやっていたら…
ホタテ
ちょうどイエローラブM君登場

M君にオヤツをあげようと
ウッドデッキに入ると…

えっ
キャリー
うっそ~

蝶がいる


去年の夏の終わりに
我が家で育てた
キアゲハの幼虫キャリー。

蛹になったのに
いつまでたっても羽化しなくて
死んでしまったと思っていた。

「蛹になる時期が遅いと
そのまま越冬する」という話もあり
一縷の望みを託して飼育ケースを
冬の間デッキに出しておいた。

春になっても蛹はカサカサのままなので
やっぱり死んでしまったか
ケースを片づけなきゃと思っていた矢先…

キャリー
なんと蛹のキャリーは生きていて
立派な蝶に変身してた

羽の模様はクッキリしてて
体はフワフワの毛に覆われてる。

可愛らしい真っ黒い目と長い触角。

なんて美しい姿なんだろう


でも…

たぶんキャリーは早朝に
羽化したと思われる。

飼育ケースの蓋が閉まっていたので
キャリーは外に出られず
半日閉じ込められていた

蓋を開けても羽ばたこうとはせず
おまけに羽が一部曲がってて
弱っている様子

キャリー
庭の芝桜の上に出してみたけれど
そこでも動かずジッとしてる。

砂糖水を作り
芝桜に垂らしてみたけれど
キャリーは飲もうとしなかった。

これはダメかもしれない…。


そして翌朝

庭に出てみると
芝桜から1mほど離れた地面の上に
横たるキャリーの姿が

あぁ…

やっぱりダメだったか

イエローラブM君
残念だったね…

昨日、もっと早く気付いて外に出してあげたら
キャリーは生きられたかもしれないのに…

せっかく冬を乗り越えて
立派な蝶になったのに
可哀想なことをしてしまった。

激しく落ち込む

こんなことなら畑のニンジンの葉の上で
キャリーを見つけた時に
家に入れなければよかったか…

ごめんね、キャリー。

でもイモムシだったキャリーの
美しい蝶になった姿を見られたことは
私は幸せだった。



さて今日は早朝に早速
ウッドデッキにハチ除けスプレーを
シューシュー撒いた。

ホタテ
それからホタテと公園へ行き
柴ちゃん達と会ってから
ちょっと早めに帰宅。

その後は一人でランに出た。
ラン
下半身に痛いところはないけれど
最近ちょっと体が疲れ気味なので
無理せず走りやすいペースでラン。

ラン
だいぶ暑くなってきたので
何度も給水する。

後半1キロだけキロ5分30秒ペースで走り
息がハーハーしてるところで
ちょうどこれからランに出るMママにバッタリ♪

ちょっとだけ立ち話をして帰ってきた。

今日のランは平均キロ6分半で10㎞。


午後からは…

公園
お散歩仲間達と一緒に
白柴Kちゃんママの車で
ちょっと遠くの公園へお花見。

藤棚
公園内の藤棚を見学。

藤棚
まだ満開ではないけれど
なかなか見応えがあった。


お散歩仲間達にキアゲハの話をしたら
イエローラブUちゃんママが
「キャリーでしょ」と名前を覚えてくれてた

Uちゃんママは横文字のお菓子屋さんの名前や
花の名前など、本当によく覚えているけれど
まさかキャリーの名前がパッと出てくるとは
驚きだった


花屋
その後は花屋さんを2軒ほど巡る。

花屋さんではアゲハやモンシロチョウが
元気に飛び回っているから
ここでもキャリーのことを思い出す


コーヒーパフェ
最後にオシャレなカフェでみんなで
コーヒーパフェを食べて帰ってきた。


キャリーのことが結構ショックで
落ち込んでいたけれど
こうして走ったり散歩仲間と出かけたり
何よりみんなに話を聞いてもらって
気持ちが少し復活した


スポンサーサイト

オオルリ

5月9日 水曜日

今朝もホタテと公園へ。

公園
肌寒い日が続いてるせいか?

今年は桜を長く楽しめてる気がする。

ホタテ
奥の広場へ行ってみたら
こちらの桜も満開だった

そのまま公園外れの林の中に進むと…
エゾリス
久しぶりにエゾリスに会えた

最近全く姿を見てなかったから
心配してたけど
元気そうで何より♪

エゾリス
なんだか毛並みが悪いけど…
冬毛が抜ける時期なのかも?

ホタテ
その後、ミニチュアダックスK君に会えたので
林の奥の木道に行ってみることに。

すると林の中から
聴き慣れない野鳥の声が

K君ママと二人
「この美声はもしかして…」と探し回ると…

オオルリ
いた~

高い木の上で囀るオオルリ発見

オオルリ
K君ママと二人
必死になってシャッターを切る。

オオルリは枝から枝へ
次々と移動していくから
こちらもカメラを片手に草むらを移動。

ホタテを連れてるとスムーズに動けないので
私は近くの木にリードを縛り付け
ホタテを置き去りにして
オオルリの姿を追った。

K君ママは普段避けて通る笹薮の中を
K君のリードをグイグイ引っ張りながら歩く。

もう二人ともオオルリを追うことで
頭が一杯(笑)

オオルリ
オオルリは美しい声で鳴きながら
どんどん先へ行く。


そのうちひとりぼっちになったホタテが
キャンキャン泣き出した

心の中で「ホタテごめん!待ってて!」と謝りながら
オオルリの美しい姿を何枚か撮影し続ける。

その間もホタテは甲高い声で泣きつづけてる

その後、オオルリが姿を消してしまったので
やっとふり返ると…
ホタテ
遠くにギャンギャン泣き叫ぶ
小さなホタテがポツンと見えた。

ホタテ
アタシを捨てないで~
シッポ下がりまくり(笑)

急いでホタテの元に戻ると
私に向かって何度も飛びついてきた。

寂しい思いをさせてゴメン。
でも見える範囲にいたでしょ


ホタテ
その後、広場でみんなと合流したら
「ホタテちゃんすごく鳴いてたけど
何かあったの?」と

ホタテの叫び声が公園中に
響き渡っていたそう

事情を話したらみんな大笑い
クマでも出たかと思ったとか言ってるし…

ホタテ
聞いてよミックスK君ママ
アタシ置き去りにされたんだよ

飼い主の非情を訴えるホタテ。

ホタテ
母さんの趣味に付き合うの
ホント大変だよ

ホタテの背中が少し怒ってる(笑)


さて今日は一人でランに出た。
ラン
今回もキロ6分15秒のペース走。

最近洞爺湖マラソンのことばかり
考えてるせいか変な夢を見た。

マラソン大会に来てるのだけど
日差しが強いのに
真っ黒なTシャツ着てきちゃったり
スタート時間が分からなくてアタフタしたり

何しろちゃんとした大会に出るのは
ほぼ1年ぶりのことだから
妙に緊張してるんだよな…

ラン
折り返してからは
向かい風を受けて速度が落ちたけど
後半は1キロだけ
キロ5分半までスピードを上げてみたり。

今日のランはレースペースで10㎞。


途中、左ヒザに違和感が出たり
走り終わってから右股関節が張ったりするけれど
とりあえず痛みなく走れてるのが嬉しい

洞爺湖マラソンまであと10日。

野生動物いろいろ

11月29日 水曜日

札幌は最高気温が10℃を越えたり
かと思えば真冬日になったりと
毎日の気温差が激しい。

ゴジュウカラ
わが家のエサ台には
今朝もゴジュウカラが登場。


ここ数日のいつもの公園は
野生動物の気配がいろいろ♪

エゾリス
最近はほぼ毎日出会えるエゾリス。

エゾリス
枝から枝へジャンプして
あっという間に逃げていく。

エゾリス
こうして茂みの中から
ピョコンと顔を出したり…

エゾリス
雪の上をダッシュで逃げていったりと
けっこう動きが激しい。


ここ数日はキタキツネを探して
ミニチュアダックスK君ママと二人
奥の林の辺りをウロウロしてる。

キツネに会いたくて
「るーるる~」とか言ってみたり(笑)

ホタテ
なかなかキツネが出てこないので
仕方なく愛犬の撮影会。

キタキツネ
しばらくすると小山の奥から
キツネさん登場

でもこの日はあまり近くには来てくれなかった。


ある日は
「広場にシカの足跡があった」という情報を入手!
ホタテ
みんなで探すと…

これか
エゾシカの足跡
クンクン…野生のニオイがするぜ…

鼻のいいミックスK君が
足跡のニオイを嗅ぎまくっていたから
どうやらこれがエゾシカのものらしい。

夜中にこの広場を横切ったのかな?

わが家の辺りでもシカの目撃情報はあったものの
私はまだこの町内で本物に出会ったことはない。

エゾシカの足跡
この公園で足跡を見たのも初めてだから
なんだか興奮してしまった

一応札幌市内なんだけど…
野生動物沢山いるなぁ~♪

まあクマゲラも出るくらいだから
エゾリス、キタキツネ、エゾシカを見かけても
おかしくはないよな…

シカに遭遇できる日は近いか?
わくわく

ホタテ
アタシは腰ぬかすと思う










キタキツネ

11月24日 金曜日

ホタテ
おはよ♪

雨が二日続けて降ったので
除雪の入った道の雪は溶けてくれた♪

嬉しくなり早速一人で白石CRへ。
ラン
お~見事に雪が無くなってる

当たり前だけど雪がないと走りやすい。

体が軽く感じられ自然とスピードが上がる。

右股関節も痛くないし…
久しぶりにキロ6分で走れてる自分が嬉しい

ラン
あっという間に大谷地について
折り返したら…

あらま

向かい風を受けて体が重い

さっきまで体が軽かったのは
追い風のおかげだったのか。

だんだんと右股関節に違和感が出てきて
速度が落ちる。

エゾリス
12キロ地点の公園で
エゾリスを眺めながら少し休憩。

この日のランは平均キロ6分36秒で10㎞。

その後
右股関節がとても痛くなってしまった
まだスピード出しちゃいけなかったか…

せっかく良くなってたのになぁ…



さて今朝はまた
うっすらと雪が積もった公園へ。
ホタテ
シュナウザーP君やミニチュアダックスK君と
仲良く歩いていたら
隣の広場から来た散歩仲間達が
「今、あっちにキツネがいたよ」と

今年はキツネの糞が公園のあちこちにあるし
目撃情報も何度かあったけど
私はまだ見てないので
早速現場に行ってみた。

しばらくキョロキョロ探したけれどキツネは見当たらず
あきらめて帰ろうと坂道を上がり
ふり返ったら…

キタキツネ
あっ
いた

向かいの斜面にキタキツネの姿を発見

大急ぎでカメラを取り出し
ホタテのリードをグイグイ引っ張って
雪の斜面を下り
キタキツネにジリジリと近づく。

キタキツネ
以前にこの公園でみかけたキツネは
猛ダッシュで逃げていったけど
このコは人慣れしてるのか
逃げる気配がない。

キツネさん、毛がフサフサだね。
いいモノ食べてるのかな

キタキツネ
時々「だるまさんが転んだ」をしながら
少しずつ距離を縮めて
何枚か写真を撮らせてもらった。



その後はホタテを連れて
イエローラブUちゃん宅へ一人でおじゃました。
Uちゃん宅
Uちゃんが旅立って明日でちょうど2週間。

いつもの公園の東屋を通る度に
なんとなくまだUちゃんが
そこにいるような気になってしまう。

こうしてお宅におじゃますると
大きな体のUちゃんが
家の中をウロウロしてないのが
余計に寂しく思われる。

私がしんみりしてるのとは対照的に
ホタテは今までと変わらず
Uちゃんママに沢山オヤツを頂いて嬉しそう。

Uちゃん宅
突然の訪問にも関わらず
ママお手製のケーキと紅茶をご馳走になった。

Uちゃんママ
いつもありがとうございます。

また遊びに行かせてください。


出てこない

9月5日 火曜日

キャリーが蛹になって
昨日で10日目だったので
待ち構えていたんだけど
なぜか出てこない

キアゲハの蛹
蛹の様子に変化はない。

キャリーどうしちゃったのかな…


朝はホタテと公園へ。
ホタテ
9月に入ってから気温が高めの日が続いてる。

Uちゃん宅
帰り道にイエローラブUちゃん宅におじゃました。

Uちゃん宅
いつものように
お肉を沢山ご馳走になるホタテ。

私達はケーキ

わざわざ遠くの高級ケーキ屋さんに
Uちゃんママが買いに行ってくださったよう
Uちゃん宅
このケーキ
チョコムースやチョコスポンジ、バナナソース
ナッツなどいろんな味が混ざり合ってて
ものすごく美味しかった

Uちゃん宅
ミニチュアダックスK君ママご持参の
タルトも頂いた

お土産
なんと帰りに手土産まで

いつもご馳走になってばかりなのに…
恐縮です


さて今日は早めにお散歩へ。
ホタテ
みんなおはよう♪


その後は一人でランに出た。
ラン
やっと日常生活で下半身の痛みを感じなくなったので
久しぶりに白石CRを走ってみることに。

今日は速度を気にせず
走りやすいスピードで走ってみたら
ずっとキロ6分半ペース。

恐る恐るではあるけれど
どこにも痛みなく走れてるのが嬉しい

ラン
このナナカマドの木だけ
紅葉が始まってた。

気温は22℃で日差しが熱く
公園でたっぷり給水しながら進む。

ラン
大谷地で折り返し…

帰り道はさすがに
左股関節周りが重くなってきた

まだ完治はしてないな…。

それでもちゃんと走れたことが
とても嬉しかった。

今日のランは平均キロ6分31秒で10㎞。


帰宅すると…
野菜
旦那の実家から義母が送ってくれた
白いトウキビとエダマメが届いてたので
早速茹でて昼ご飯

義父母の畑の野菜は
ものすごく美味しい



午後からは次男の高校へ。
高校
学年懇談の後は
初めてのクラス懇談で母親同士の自己紹介。

お互い名前が分かったから
次男の友達のお母さん達に
やっと挨拶ができた♪



さて、今朝も羽化しなかったキャリー。

キアゲハの蛹
「生きてる蛹は触ると動く」と
ネットに書いてあったので
耳かきの上についてるフサフサで
蛹をくすぐってみたけれど…

キャリーはピクリとも動かず

ホタテ
寝てるんじゃないの?

秋の蛹は冬を越すために
休眠に入るそう。

でもまだ暖かいのになぁ…

それともアゲハヒメバチなどに
寄生されてたのか?

キャリーは終齢幼虫になってから家に入れたので
ハチやハエに寄生されてる確率は高いよう

キャリーはもう死んでしまったのかもしれない




プロフィール

ウニママ

Author:ウニママ
ようこそ
黒ラブ『ウニ』1997年4月6日~2014年8月27日(享年17歳4ヶ月)の最後の半年間を綴りました。
その後はミックス犬(トイプードル&マルチーズ)『ホタテ』(2014年10月2日生)と暮らしています。
ランニングを始めて苦節4年目、やっとフルマラソンを走れるようになった札幌在住アラフィフ主婦の日常です。

最新記事
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR