リレーマラソンin札幌ドーム

7月23日 日曜日

「北ガスグループ
6時間リレーマラソンin札幌ドーム」に
ランクラブの一員として参加した。

私はまだランを始めて間もない頃に
お散歩仲間「わんころず」に入れて頂き
この大会に参加したことがある。

1周2㎞のコースをグループでたすきを繋いで走り
「6時間走るコース」と「42㎞走るコース」がある。

今回も私は「42㎞走るコース」に参加。

ドームリレー
アスリートAちゃんの車に乗せてもらい
元ラン教室M先輩やSさんと一緒に
会場の札幌ドームに朝6時すぎに到着。

ランクラブからは3チーム(30人ほど)参加してるけど
私はその中の「仮装チーム」9人の一員。
(男性3人・女性6人)

去年も仮装で参加した若いPさんと
美人ナースMさんを中心に
衣装など全部準備して頂き
みんなで何度か集まって
衣装合わせや化粧の方法など確認してきた。

ドームリレー
駐車場でピエロの衣装に着替え
化粧の仕上げは若いPさんにお願いする。

私は今回が「つけまつげ」初体験だったので
家でも何度か練習を重ね
四苦八苦しながらなんとか装着(笑)

派手なカツラをかぶり準備ができたら…
ドームリレー
いざ、札幌ドーム内へ!

ドームリレー
すでにドームは
いろんなチームの幟が立って賑わっている。

場所取りは仮装しないチームの方々がやってくれたので
良い場所が確保されててとても助かった

こんな派手な恰好してるから
まわりからの視線が痛い

「もうすぐ50になるおばちゃんが
ミニスカにニーハイでゴメンナサイ」と
心の中で謝りながら歩く(笑)

家でこの衣装を着たら
家族にドン引きされた母
「キモイ」としか言わなかった息子達…

でも仮装してるから誰が誰だかよく分からないし
集団でいると怖いものが無くなるから不思議。

そのうち仮装に慣れてきて
普通に行動できるようになった(笑)

ドームリレー
ステージ上にはゲストランナーの作田さんや
いつも講習会に参加してくれる学生さん達の姿も。

私達は「仮装賞」の審査のための写真撮影へ。

すると道内テレビのカメラに囲まれたり
いろんなカメラマンに写真撮影をお願いされたり…

仮装してると人気者になれて面白い


ドームリレー
9時半になり
いよいよリレーマラソンがスタートした

ランクラブの「仮装チーム」は去年
「仮装賞」を狙っていたけどダメだったそうで
今年はそのリベンジで参加してる。

他にどんな仮装の人がいるのか
みんなでチェックしながら…

「ゆばーばがいる!」
「宮崎駿監督もいるよ! 完成度高い!」
「ディズニー映画のヒロイン達、可愛い…
若さで負けてる」と焦ったり(笑)

ドームリレー
自分の走る番が近づいたので
アリーナに降りて待機場所のAゾーンに入る。

この大会はアリーナ内でタスキの受け渡しをしたら
外に出てドーム外周を回るコースになってる。

ドームのオーロラビジョンには
もうすぐアリーナに入ってくる
ランナーの姿が映し出されてるので
それを見ながらチームメンバーが来るのを確認。

ピエロの衣装はとても目立つので探しやすい


ドームリレー
さあ出番だ!
M先輩からタスキを受け取り走り出す。

相変わらず下半身はあちこち痛いので
スピードは控えめにドームの中をぐるりとまわって
外に出たら…

暑い

今日の札幌は最高気温28℃の予報

ドームリレー
初めてこの大会に出た4年前は
一生懸命走ってるのに
あらゆる人に抜かされた覚えがある。

今日は抜いたり抜かれたりしながら
楽しく走る。

ドームリレー
長いカツラの髪の毛を束ねず走ってるもんだから
髪がジャマだし首元も背中も暑くてたまらない

ドームリレー
たった2㎞だけど給水所に立ち寄り
スポドリをもらう。

ドームリレー
衣装の上着がはだけて走り難い

長袖の上着は暑くて大変だから
2周目は脱いで走ろうと思った。

ドームリレー
この方の衣装よりは走りやすいよな…
と思いながら抜かす。

そしてアリーナ内に走り込み
次の走者A氏にタスキを渡して
1周目は終了。

あ~暑かった

ドームリレー
一旦自分の席に戻ってスポドリをゴクゴク飲んで
派手なメイクが落ちてないかチェック(笑)
つけまつげもアイラインも無事


後ろの席の若者がピエロおばちゃんに
「どこのチームなんですか?」
「衣装は作ったんですか?」
と話しかけてくる。

こんな格好してると
気軽に離せる雰囲気なんだろな。


やっと汗が止まった頃に2周目の準備で
タスキ受け渡しゾーンへ。

ドームリレー
私は下半身の調子が悪いので
今回は2周だけにしてもらったから
これが最後の回。

さっきと同じように
M先輩からタスキをもらい走り出す。

ドームリレー
長袖の上着を脱いだから
さっきよりは走りやすい♪

ドームリレー
このトンネル内の激坂がキツイ。

ドームリレー
仮装チームは9人だけど
そのうち女性2人は
直前の怪我などで走れないことに

せっかくいろいろ準備してきたのに
当日走れないのはすごくツライと思う。

私もあちこち痛いけど
それでもこうして走れてるんだからありがたい。

さすがに途中で左股関節に痛みが出てきたので
最後の1周はゆっくり楽しんで走ることにした。


ドームリレー
前方に奥尻島のゆるキャラ「うにまる君」の
帽子を発見したのでジリジリと距離を縮めて…

「奥尻ムーンライトマラソン、出たんですか~」と
話しかけたら
「いえ…私は旅行会社のメンバーなんです」と。

もしかして道新観光かな?と思ったけど
それ以上は聞かずにお別れした。

ドームリレー
給水所にはバナナの他に
こんなモノもあったけど…

暑くて食べる気になれず
写真だけ撮らせてもらった。

ドームリレー
途中、小さな男の子と競り合ったりしながら…

4年前には「長い」と感じた2㎞が
今回はあっという間に終了。


ドームリレー
それからは自分の席にもどって
オーロラビジョンの映像を見ながら
のんびりさせてもらった。

ドームリレー
そろそろチームの最終ランナーが到着しそうなので
みんなでゴール地点に向かうと…

ドームリレー
ランクラブの精鋭女性ランナーチームが
女子の部で2位に入っていた
おめでとうございます

ドームリレー
いよいよ仮装チームの最終ランナー
デンティストM氏が入ってきた!

ドームリレー
そして無事に42キロのゴール

タイムは3時間22分とサブ3.5達成(笑)

ドームリレー
ヨレヨレフラフラのM氏をみんなで支えながら
大騒ぎで写真撮影(笑)

なんか…

この年になってこんなお祭り気分を味わえるなんて
ランニングやってて良かったな~と思う。


その後は…

ランクラブ3チームのうち
1チームは手違いで「6時間耐久」にエントリーしたそうで
まだまだ走ってるメンバーさん達がいる中
私達は「42㎞コース」の表彰へ向かう。

でも…

狙っていた「仮装賞」が取れなくて…

ドームリレー
落ち込む「仮装チーム」

ドームリレー
それでも仮装はものすごく楽しかったし
人の視線を集めながら
過ごしたことも良い経験だったし
私は大満足の一日だった

仮装ラン…またやりたいな~♪


だけど…

個人的なタイムは
1周目が平均キロ5分18秒
2周目が平均キロ5分31秒と
この1か月出してない速度で走ってた

自分ではセーブして走ったつもりだったけど
まわりの雰囲気に呑まれて速度が出てしまったよう

左股関節と右足底筋膜炎は
当然のごとく悪化

あーぁ…

またやっちゃったよ…
何度も同じ失敗を繰り返してる自分が情けない





スポンサーサイト

久しぶりのラン

7月17日 祝日

昨日は旦那とホタテを連れて公園へ。

ホタテ
札幌はやっと気温が下がり
猛暑は一休み。

カラス
子ガラスは大きな体をしてるのに
まだ親ガラスにエサをねだってる。
親って大変だね…

ホタテ
最初は「涼しいかも♪」と思ったけど
雨が降る予報だから空気が湿ってて
動くと蒸し暑い

ホタテ
帰り際、久しぶりに大好きなミックスK君パパにも会えて
ホタテは大喜びしてた


その後、天気予報通り
強い雨が降り始めた

昼ご飯
大雨警報が発令される中
旦那と刀削麺を食べに出かける。

辛いモノはニガテだけど
このお店の刀削麺はクセになる味。

昼ご飯
そして胡麻団子がやっぱり美味しい


その後は部活の終わった次男が
友達の高校の学校祭へ行くから
車で送って欲しいと。
学校祭
ついでに私も学校祭を見学してきた。


そして夜は家族揃って珍しく
百円じゃない回転寿司へ。
晩ご飯
ウナギ美味しかった



さて今日は所属するランクラブの練習会へ。

足が痛かったり猛暑だったりで
ほぼ2週間ぶりのラン。
練習会
札幌は昨日からの雨がなかなか止まない

でも、ランナーにとっては
猛暑より雨の方が体がラクで助かるからいいか。

練習会
各地の大会に出た方々からのお土産いろいろ。

私は今までずっとお土産をもらうばかりだったけど
やっと大会土産を渡せる立場になれた

オーストラリア、岩手、私は奥尻…
そして今回はサロマウルトラ100㎞を
完走したメンバーさんが数名

ウルトラ初チャレンジの女性KSさんに
大会後の体について伺うと
私のフル後のダメージよりずっと軽かった。
ラン歴の違い?

さらにウルトラを何回か走ってる
女性KNさんに至っては
「何度か100キロを走るうちに
ダメージがほとんどこなくなるよ」と

ひぇ~

私なんて42㎞走った1か月後の今でも
あちこち不具合残ってるのに

今日だって右足底筋膜炎が治ってないから
一番遅いグループに入り
痛みが出たら先にあがる予定で参加してる

練習会
一旦止んでた雨が
また降りだしたタイミングで練習開始。

練習会
最初は全員でアップ3㎞。

久しぶりのランはさすがに体が重い

アスリートAちゃんと話をしながら走っていたら
背後から「あの~奥尻で折り返しの時に
声をかけてもらいましたよ」と
若い女性が話かけてきた

「え~奥尻出てたんですか?」とビックリ

初めてお話しする女性SKさんは
遠くに住んでるため
「たまにしか参加しないから
このクラブで私はレアキャラなんです(笑)」と。

奥尻で前半の折り返し付近は
フルのランナーとすれ違えるから
数少ない女性ランナーに声をかけていた私。

まさかその中に同じクラブの方がいたとは!
しかも彼女は速いランナーで
奥尻フルで入賞してた


トイレ休憩を挟んだあと
グループに分かれてペース走。
練習会
私は一番遅いSマネージャーさんチーム
「キロ6分半」に入った。

ロングヘアー女性Sさんは前回の練習会で
フル1週間後なのに元気に走ってたから
どうして大丈夫なのか聞いてみたり。

Sさんは大会1週間後はまだ元気だけど
2週間後に疲れが出るそう。
そういう人もいるのか~

このクラブはいろんなタイプのランナーがいるから
話が聞けてありがたい。


気温は22℃で雨がシャワーのように心地よく
もっと走りたかったけど
途中から左股関節に痛みが出てきたので
一人練習を終わらせて先に帰ってきた。

今日のランは全部で9㎞。

足は痛いけど…
久しぶりに走れて嬉しかった


塩水ウニとホタテ
イオンで買った利尻の「塩水ウニ」
めちゃウマだった



次の目標

7月4日 火曜日

暑くなり始めた札幌。

ジェントルハーマイオニー
満開になったお嬢様
「ジェントル・ハーマイオニー」

ウニの祭壇
お嬢様とロイヤルさんを
ウニの祭壇に飾ると
居間が良い香り♪

でもこのバラさん達…切り花には向かなくて
家に入れるとあっという間に散ってしまう。



初めてのフルマラソンから
ちょうど2週間後の週末に
旦那と二人でランに出た。
ラン
この日はエルフィンロードを走ることに。

行きはキロ7分前後で走り
途中の「自転車の駅」でしっかり休憩。

北広島駅まであと1㎞強の辺りで
そろそろ折り返そうか…という頃に
旦那が「ヒザが痛くて無理」と
奥尻で痛みが出た箇所が治ってないよう

結局、旦那は駅からJRで帰ることに。

私は一人で折り返す。
ラン
この道は平日だと人が少なくて不用心だけど
週末の午前中は
ランナーやチャリの人が沢山いて安心。

気温は25℃で湿度がとても高く
かなり暑くなってきた

途中のかき氷屋さんが開いていたので
初めて立ち寄った
ラン
一度に沢山食べるとお腹が痛くなりそうなので
量を半分以下にしてもらった。

マンゴー+練乳 うまぁ~

暑い日のランの途中に食べるカキ氷は
最高のご馳走

それから線路際の道を進み
たまに後ろからくる列車に旦那が乗ってないか
見ながら走ったり。

ラン
帰りも「自転車の駅」に立ち寄り
スポーツ羊羹でたっぷりエネルギー補給。

キロ6分半ペースで戻ってきて
この日のランは17㎞。

走ってる時は痛くなかったけど…

はだしで家の中を歩くと右足が痛い
右足底筋膜炎が再発しちゃったかも


ある日の朝の散歩。
ホタテ
いつもの公園はこまめに芝刈りが入るけど
タンポポモドキはすごい生命力

Uちゃん宅
ホタテはUちゃん宅におじゃまして
沢山オヤツを頂き…

Uちゃん宅
飼い主さん達はコーヒーゼリーをご馳走になる

ホタテ
ある日は朝から暑くて
ワンコ達は木陰に避難。

その後またUちゃん宅におじゃまして…
Uちゃん宅
冷たい麦茶や…
Uちゃん宅は麦茶もおいしい!

Uちゃん宅
手作りピクルスを頂く
美味しくておかわりしちゃった


ある日はラン教室仲間と
久しぶりの「おしゃべりラン」♪
ラン
Sママ、Mママ、T先輩と4人で
キロ8分近いゆっくりペースで楽しく走る。

二日前に函館マラソンのフルを走ったSママから
大会の様子をいろいろ伺い…

なんとSママは途中で
私がずっと応援してる女性ランナー
「しぃさん」に会って会話したそう

いいなぁ~
私、まだ1回、しかも数分しか会ったことない

いつか大会の途中でしぃさんに会って
話しながら走れたら嬉しいな~なんて妄想するけど
たぶんタイム的に無理な話(笑)


ラン
途中でMママと分かれてからは
3人でエルフィンロードに入る。

すると前から爆走してくる男性ランナーが!

私達が朝、集合した水飲み場でお会いした
「道マラに出るから今日は30キロ走なんだ」
と言ってたオジサマだった。

30キロ走の後半にあの速度とは…
かなり走り込んでる方と思われる。

ランナーはみんな
自分の目標に向かって暑い日もコツコツ練習中。

今の私の目標は…

「10月の札幌マラソン(ハーフ)で
2時間を切ること」と
「今年、もう1回フルマラソンに出て
PB更新すること」。

でも…

その前にまず
「足底筋膜炎を治すこと」が重要かも

走ってる時は痛くないけど
普段の生活で右足の裏とふくらはぎに
はっきり痛みが出るようになってしまった

あーぁ…

気持ちはすごーく走りたいんだけどな…

どんなに走っても痛みの出ない足が欲しい


この日のランは平均キロ7分46秒で17㎞。
昼ご飯
帰りに買った「ご褒美パン」の昼ご飯。


ホタテ
ホタテはクーラーの効いた部屋で熟睡中



第4回奥尻ムーンライトマラソン・パート4

6月18日 日曜日

つづき


初めてのフルマラソンはきっと
ゴールしたら倒れるか…
もしくは感激で泣いちゃったりするんだろな…
なんて思っていたけど
意外にも冷静だった。

奥尻ムーンライトマラソン3
ゼッケンの計測タグを女の子に外してもらい
完走タオルとスポドリを受け取り
すぐに記録証をもらう。

外は暗くなってきてて
記録証の数字が老眼の私には読み取りづらいけど
目を凝らして
「4時間37分07秒」のタイムをしっかり確認。

すごい…

完走できたし
おまけに予想よりずっとタイムがいい

この喜びをすぐに誰かに伝えたいのに
いつも先にゴールしてる旦那が
ここにはいない


光に集まる夜の虫の様にフラフラと
賑やかな体育館に入ってみると…
奥尻ムーンライトマラソン3
舞台の上でちょうど男子のフルマラソン優勝者
作.ACのK氏が表彰されてる所だった
Kさんおめでとうございます


それからスマホで旦那の位置確認してみると
青苗地区に入った辺りだったので
ヨレヨレの足を必死に動かし
コースに戻り旦那を待つ。

しばらくたってやっと
辛そうに走る旦那の姿を発見。

32㎞辺りで分かれた時は
かなり痛そうだったから
完走できるか心配だったけど
なんとかここまで堪えてきたよう。

せっかくゴール近くまで来たけれど
残り1㎞以上、海沿いの道が続くから
「この先、折り返しまで結構あるよ~」と声をかけておく。

奥尻ムーンライトマラソン3
しばらく待って…
押し返してきた旦那の姿が
すっかり暗くなったコース上に現れた。

そのまま旦那と並走しながら歩道をヨタヨタ歩き…
奥尻ムーンライトマラソン3
旦那の初フルのゴールを見届けた

私より30分弱遅いタイムだったけど
平日は仕事に勤しみ
休日はゴルフに打ち込む日々の彼が
よく5時間ちょっとのタイムで
ゴールできたな…なんて思う。


その後、足の痛みで動けなくなった旦那に付き添い
ゆるゆると時間は過ぎ…

着替え終わった頃には
宴もたけなわ後夜祭
奥尻ムーンライトマラソン3
人口3000人に満たない奥尻島で
ランナー550名プラス応援の方々をもてなすのは
とても大変なことだと思うけど
島民の方々の力はすごい。

この島に来てから、前夜祭、大会運営、後夜祭と
すべてがスムーズで
ランナーは心地よく過ごさせてもらってる


昨日もらったチケットで
ご馳走と飲み物を受け取る。
奥尻ムーンライトマラソン3
ウニ汁、焼きアワビ、イカ、サクラガイ、ホヤ串?
それに味付け最高の柔らかい豚丼
どれもめっちゃおいしいのに
疲れきってて胃腸が受け付けず…

残してしまったのを今でも後悔
あぁ…もう一度元気な胃腸で
同じメニュー食べたい


奥尻ムーンライトマラソン3
体育館では昨日フェリーが着いてからの
ランナー達の様子がスライドショーで上映中
いつの間に、こんなに撮影してくれてたの?

司会はUHBリポーター石井ちゃんで
さすが盛り上げ上手

奥尻ムーンライトマラソン3
その後はゼッケン番号で大抽選会が始まり
地酒や奥尻ワインや「アワビ10個」など
島の特産品が大盤振る舞いで
大盛況の後夜祭だった

楽しい時間はあっという間。

バスでホテルに戻り
お風呂に入ったのは夜12時頃。

一生忘れられない
充実した一日が終わった


奥尻島3日目の様子はまた後日。



さて、話はちょっとかわるけど…

奥尻島では島唯一の「奥尻高校」に
島留学生として全国から生徒を募集し
この春、5人が札幌などから海を渡った。

以前に道内テレビでこの事を知り
同い年の息子を持つ親として
彼らのその後の様子が気になっていたら
マラソン大会の数日後にUHBテレビが
大会のお手伝いをする様子を放送してくれた。

残念ながらすでに実家に帰った生徒が
1名いたようだけど
札幌から留学中の男の子が大会当日
あのゴールテープを持って
ずっと立っててくれたよう♪

小さな島で、みんな知り合いの状況が
良い面も、反対にやりにくい所もあるかもしれない。

たった3日しか島に滞在してない私が感じた
島民の方々のコミュニケーション能力の高さと明るい気質は
彼らを暖かく包み込んでくれてるだろう

がんばれ少年たち


第4回奥尻ムーンライトマラソン・パート3

6月17日 土曜日

つづき


ハーフの距離まできたのは
スタートして2時間18分たった頃。

もう夕方5時を過ぎた。

奥尻ムーンライトマラソン3
行きに声援を送ってくれた島民の方々が
沿道にまだ出て応援を続けてくれてる。

ベビーカーでグッスリ寝てる赤ちゃんがいたり
ネコを肩に乗せて応援してる女性がいたり
ワンコを抱っこしてる人がいたり

旦那と沿道の方々に手を振りながら
「ホタテみたいなワンコがいる♪」と
話ながら進む。

旦那と私が二人揃って家を数日留守にするのは
ホタテにとって初めてのことだから
きっと寂しがってるだろうな…

夜は誰と一緒に寝たんだろ?と
ホタテのことを二人で思い出していた。

奥尻ムーンライトマラソン3
「Fight」と書かれた横断幕をかかげる人も。

民家の前で椅子にうずくまりながら
「がんばれよ~」と声をかけてくれる
ご老人の多いこと!

長袖一枚で走ってる私には
夕方の気温(たぶん15℃前後)がちょうど良いけれど
外でじっとしてる方々には寒いと思う。

長時間ずっと外にいて
お年寄りが体調崩さないだろうか…なんて
正直心配になったりもしながら
「ありがとう~」
「がんばりま~す」と手を振りながら通過する。

奥尻ムーンライトマラソン3
24㎞走った辺りでスタート地点の
第4エイドに戻ってきた。

係の人に「トイレはどこですか?」と聞くと
「中を使ってください」とのことで
本部の海洋研修センターのトイレに飛び込んだ。

ここのトイレは洋式だから
ラクチンで良かった
和式だと一度しゃがんだら立てなくなりそう

左太ももの付け根のゴムバンドをきつく巻きなおし
ザバスピットインのゼリーバー(100kcal)を食べ
外に出て旦那と合流し…

奥尻ムーンライトマラソン3
さらに黒糖を口に放り込み
スポドリと水をもらう。

この間のタイムロスは2分ほどあったので
21㎞~25㎞のラップはキロ6分48秒。

奥尻ムーンライトマラソン3
トイレ休憩で下半身が少しリフレッシュできたのか…
それとも感覚がマヒしてきたのか?

最初の頃に感じてた股関節の違和感や
ヒザの痛みが無くなってきた。

奥尻ムーンライトマラソン3
この先、お店が立ち並ぶ
たぶん島で一番賑やかな場所に入ると
沢山の人たちが両サイドから盛大に応援してくれて
その迫力に負け
写真を撮る余裕がなかった(笑)

まるで自分がスター選手になった気分

箱根駅伝の選手とか
きっとこんな光景の中をずっと走っているんだろな~
なんて考えながら走っていたら
旦那が「母さんスピード上がってるぞ」と

奥尻ムーンライトマラソン3
商店街を抜けると左手に島のシンボル
「なべつる岩」が見えてきた

昨日、バスでここを通った時は
ちゃんと走れるか不安だらけだったけど
今、こうして快走できてることがとても嬉しい

奥尻ムーンライトマラソン3
その後もお店や民家が続き…

奥尻ムーンライトマラソン3
島民の方から「来てくれてありがとね~」
「また来年も来てね~」と声をかけられたり…

奥尻ムーンライトマラソン3
かわいい女の子が数人並んでて
ハイタッチして通過したり♪

島全体、子供からお年寄りまでみんなで
この大会を盛り上げようとしてくれてるのが
肌で感じられた

奥尻ムーンライトマラソン3
28㎞すぎた辺りから
旦那の元気が無くなってきた。

「足が痛い」とつぶやくので
「足のどのへんが痛いの?」と聞くと
「足、全部が痛い」と辛そう

旦那は練習でも最長距離25㎞しか走ってないから
仕方ないと思う。

「だから一度は30㎞走か
3時間走をした方がいいよと言ったのに」と
心の中でつぶやく。
口に出すのは我慢した

旦那が辛そうなので少しペースを落とす。

「あと13㎞」と民家の前に手書きで書いてあり
私は「あと13㎞なら走れる!」と確信したけど
旦那は「まだそんなにあるのか…」と
ショックを受けてる。

奥尻ムーンライトマラソン3
遠くにわずかに見えていた
この大会の名物、イカ釣り漁船の漁火が
だんだんハッキリ見えるようになってきた

あの光の先にゴールがある!と思うと嬉しくなる。

26㎞~30㎞のラップはキロ6分42秒。


奥尻ムーンライトマラソン3
いよいよ30㎞になるので
カフェイン入りマグオンの
エナジージェル(120kcal)を飲む。

奥尻ムーンライトマラソン3
第6エイドでは
旦那がエアサロンパスミニを使ったり
ヒザを伸ばしたりしてる間に
黒糖や水やスポドリを
何度ももらってタイムロスは2分ほど。

これからの距離は練習でも走ったことがない
未知の世界。

私は休んだ分だけ元気になり
よし、がんばろう!と気合が入る


奥尻ムーンライトマラソン3
辛そうにうつむきながら走る旦那に
「ほら、漁火がよく見えるようになってきたよ」と
明るく話しかけたら…返事がない。

「ほら、あっち…」と言ったら…

「足が痛いんだ。話しかけないでくれ」と。

普段ならカチンときて喧嘩になるパターンなんだけど
たぶん私はこの時
ランナーズハイの一歩手前だったのだろう(笑)

不思議と腹が立たず
「それじゃ、どうしたらいい?
話しかけない方がいい?
なら先に行った方がいいかな?」と聞くと

「いい、先に行ってくれ」と言うので
走りながら自撮りで
最後の夫婦ツーショットを撮影し
その後は遠慮なく旦那を置いてスピードアップ


それからは…

たぶん見事にランナーズハイ?

前半あんなに重かった下半身が軽くなってきて
痛みは全く感じない。

奥尻島の景色も空気も風も
すべてが心地よく感じられる


2時間後にスタートしたハーフの
ゆっくりペースのランナー達が
まわりに増えてきてたので
ジリジリと抜きながら進む。


奥尻ムーンライトマラソン3
残念ならが曇り空で
「ムーンライト」は見えないけれど
そのかわり漁火がいくつも灯されてて
その強い光に元気をもらいながらどんどん進む。


股関節を傷めて走れないかもと落ち込んでたけど
なぜかこうして30㎞以降も元気に走れてる。

フルマラソンに向けて自分がやってきた練習は
無駄では無かったし、間違ってなかったのかも。

ラン教室の先輩方がよく言ってる
「練習は裏切らない」という言葉を思い出し
こうして走れてることが嬉しくて
泣きそうになりながら進んでいた。


奥尻ムーンライトマラソン3
眩しい光を放つイカ釣り漁船の上から
エンジン音に負けないくらいの声援と
旗をふる人影が見える

前後にランナーがいるから
私にむけての応援か定かではないけれど
こちらも大きく手を振って応える。

人生で一度しかない初めてのフルマラソンを
この大会にして良かった…と
感激しながら走っていた

この辺りのラップはキロ6分くらいで
一番ペースがあがっていた。


奥尻ムーンライトマラソン3
後半のエイドでは係の人が大きく手をふって
ランナーを迎えてくれる。

30㎞を過ぎてからはほぼ3㎞ごとにエイドがあるので
ここが何番目のエイドだかわからなくなってきた。

係の人に聞いたら
「ここが7番目だから
この先にあと一つありますよ」と。

そうか、もう7番目まできたんだ

奥尻ムーンライトマラソン3
そして35㎞地点を通過。

まわりにゆっくりのランナーが増えてきて
スピードをキロ6分にあげてる私は
次々と前の人を抜いて…超気持ちいい(笑)

奥尻島の美しい海と山の間の一本道を
フワフワした幸せな気持ちで
どんどん走る


奥尻ムーンライトマラソン3
この辺りは民家がないから
沿道の応援は全くないけれど
そのかわりに美しい漁火がまだまだ続く

一体何隻のイカ釣り漁船が出てくれてたんだろ?


奥尻ムーンライトマラソン3
距離表示の看板が
「ゴールまであと6㎞」にかわった!

奥尻ムーンライトマラソン3
昨日バスで通った時に
「きっとここまで走れてれば
完走できるだろう」と思ってた
松江地区に入った。

奥尻ムーンライトマラソン3
よし、ゴールまであと5㎞!

いつも走ってる白石CRの大谷地までの距離だから
この先どんなに足が痛くなっても完走できる!

奥尻ムーンライトマラソン3
気持ちは前向きだけど
体はさすがに疲れてきたようで
この辺りのラップはキロ6分20秒前後と落ちてきて
息もハーハーうるさくなってきた。

前の人にジリジリ近づくと
荒い息の音で気付かれるのか
抜く時にチラ見される(笑)

奥尻ムーンライトマラソン3
最後の第8エイドの手前で
高級天然アミノサプリの小さなパックを一飲みして
エイドで水とスポドリをもらった。

奥尻ムーンライトマラソン3
ついにゴールのある青苗地区に突入!

奥尻ムーンライトマラソン3
疲れ切ったランナーは沿道に人がいない場所では
歩いてる人が増えた。

でも応援の人が出てる場所は
みんな走らざるを得ない(笑)

私は足を止めることなく
何人も抜きながらどんどん進む。


ところが

最後に飲んだ高級アミノサプリが悪かったのか…
それともいろんなゼリーを飲み過ぎたのか?

もしくは初めての長い距離に
胃腸がビックリしてるのか?

だんだん吐き気がしてきた

「吐きながら走った」という話は
ランクラブの女性メンバーからよく聞いていたので
「あぁ…これがそれか…」と思う。

「吐き気は気のせいだ」と自分に言い聞かせ
あとちょっとだから、きっと吐かずにいけるはずと
そのまま走り続ける。

奥尻ムーンライトマラソン3
やっとゴールへの曲がり角が見えてきたけど
コースはまだ海沿いの道を進み
この先を折り返して戻ってからがゴールらしい

ゴールに向かう人たちを右手に見ながら
だいぶ薄暗くなってきた道を進む。

奥尻ムーンライトマラソン3
一度ゴール地点の近くにきたのに
まだ先へ走るのは精神的にはツライ(笑)

このたった残り1㎞がかなり遠く感じられる

それでも沿道には応援の人が出てくれてて
「あとちょっとでゴールだよ~」と声援を受けるので
吐き気を抑えながら走り続ける。

奥尻ムーンライトマラソン3
やっと折り返してゴールに向かう途中
沿道から「前の4人抜かしてごらん!」と
オジサンから声がかかり…

私はまだ足に余力があったので
言われた通りジリジリと人を抜いて走っていったら
オジサン達「ホントに抜いてるよ~」と笑い声

そしてゴールの曲がり角を左に入り
激坂を数メートル登って…

目の前にゴールテープが見えて…

そのテープを学生さんが持ち上げた下をくぐり
ついに初フルマラソンのゴール

奥尻ムーンライトマラソン3

タイムは4時間37分07秒と
自分でもビックリするような記録だった。


まだまだつづく。





プロフィール

ウニママ

Author:ウニママ
ようこそ
黒ラブ『ウニ』1997年4月6日~2014年8月27日(享年17歳4ヶ月)の最後の半年間を綴りました。
その後はミックス犬(トイプードル&マルチーズ)『ホタテ』(2014年10月2日生)と暮らしています。
ランニングを始めて苦節4年目、やっとフルマラソンを走れるようになった札幌在住アラフィフ主婦の日常です。

最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR